長野駅

善光寺の門前町、長野の改札画像です。

新幹線駅名標。当駅は善光寺の門前町であり長野県の県庁所在地である長野市の玄関口。新幹線はかがやき号を含む全列車が停車し、あさま号は当駅始発・終着となる。
在来線駅名標。在来線は篠ノ井線、しなの鉄道線、北しなの線、飯山線が乗り入れる。
長野ー篠ノ井間は篠ノ井線としなの鉄道線が走行するが、正式には信越本線である。
長野支社オリジナル駅名標。長野市のシンボル・善光寺がデザインされている
長野電鉄線駅名標。長野電鉄は権堂・小布施などを経由して終点湯田中へと向かう。
駅舎。2015年の北陸新幹線金沢開業に伴い、大庇・列柱が特徴の新駅舎に改築された。
在来線改札口。
在来線MIDORI改札口。駅ビル「MIDORI」に直結している。
MIDORI改札口は無人改札であり、自動券売機が1台だけ設置されている。
新幹線改札口。
新幹線乗換改札。新幹線側より撮影。
新幹線乗換改札。在来線側より撮影。
長野電鉄駅入り口。長野電鉄の長野駅は地下に存在する。 善光寺口駅舎改築に伴い、JR駅目の前に新しく入口ができた。長野電鉄は小布施・湯田中温泉等の観光地へのアクセスに便利である。
長野電鉄線改札。自動改札機は導入されておらず、有人での対応となる。
長野電鉄ホーム。元小田急車・元東急車・元NEXが活躍している光景を見ることができる。
長野電鉄駅コンコース、地下空間にはベンチが設置されている。
長野電鉄の改札の前では、長野の物産コーナーが設置されており、地元の名産品や食料品をお得に買うことができる。
在来線改札前には、1998年の長野オリンピックの看板が設置されている。
信州観光イメージキャラクター「アルクマ」。駅ビル「MIDORI」2Fに鎮座。並んで記念撮影ができる。
長野といえば善光寺、そば、そしてAC長野パルセイロ。自販機で商品を買うと売上の一部が強化費として寄付される。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
北陸新幹線
信越本線
篠ノ井線)
しなの鉄道線)
北しなの線
■ 飯山線)
長野電鉄

妙高高原駅

えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの駅、妙高高原の改札画像です。

電照式駅名標、当駅はえちごトキめき鉄道としなの鉄道の運行境界駅となっており、双方の列車は直通することなく当駅を始発・終着としている。
自立式駅名標、当駅周辺はスキー・スノーボードなどのウインタースポーツのメッカとして知られている。
妙高高原駅名
JR時代の駅名標、信越本線の途中駅だった為、直江津から長野へは当駅で乗り換えることなく行くことが出来た。国鉄・JR時代にはスキー客用の臨時列車「シュプール」が当駅にも乗り入れており、新宿・名古屋・大阪方面へそれぞれ「シュプール信越」「シュプールユーロ赤倉・志賀」・「シュプール妙高・志賀」などの臨時列車が設定されていたが。しかしながら利用客減少の為、JR時代末期までは運行されることなく終焉を迎えた。
駅舎、コンクリート製の地平駅舎になっている。
妙高高原駅舎
JR時代の駅舎、表記類以外は大きな違いは無い。
改札口、当駅は駅員による集改札が行われている。
改札口には「旅客運賃精算所」と書かれた国鉄時代からのものと思われる看板が残っている。
改札口をホーム側より撮影、かつてのラッチ跡が残る。
妙高高原改札
JR時代の改札口、表記類が現在とは異なる。
改札口周辺、有人窓口が設置されており、自動券売機も1台設置されている。
妙高高原きっぷ
JR時代の改札口周辺、機器類の配置は変わらないが表記類が今とは異なる。
駅舎内には待合室が設置されている。
改札口の隣には大きなスペースが広がるが、これはウインタースポーツのメッカだった当駅にスキー客や団体客が出入りする際の臨時出入り口の場所だったと思われる。
改札口横には「妙高高原」をアピールする展示品が多くある。
妙高高原
JR時代の同じ場所を撮影、同じような展示物はJR時代からあった。
跨線橋入り口部分、スキーや登山客の荷物用のスロープが設置されている。同じようなスロープは白馬駅などウインタースポーツの玄関駅では多くみられる設備である。
跨線橋内部、木造の跨線橋となっており、内部は大変趣がある。
 跨線橋内部には妙高高原の歓迎の看板が設置されている。当駅はスキー場だけでなく温泉街へのアクセス駅にもなっている。
同タイプの看板は跨線橋の両端に1枚づつ設置されている。見た目は同じであるが始まりが「ようこそ」になっているか「またどうぞ」になっているかの違いがある。
跨線橋の床はタイル張りになっており、温泉のイラストが描かれている部分がある。
ホームは2面3線のホームで行き違いや折り返しが可能な構造になっている。
ホームは大変長く先端には14両用や11両用といった超大編成用の停目が今も残っている。
停目の中には「シュプール」などのスキー用の臨時列車の停目も残っていた。
改札前の軒下には「長野・東京・名古屋方面のりば」と書かれた国鉄時代から残るであろう方面看板が今も残る。東京や名古屋といった大都市から当駅に列車が乗り入れていた生き証人として当駅に鎮座している。
1番線の番線標
2番線の番線標、2番線は長野方面のホームになっている。
3番線の番線標、3番線は直江津方面のホームになっている。
ホーム上にはY字型の謎の置物が置かれている。
妙高高原ホーム
JR時代のホーム、構造に変化は無いが1番線は直江津方面、2番線は折り返し専用、3番線が長野方面ホームとなっていた。
妙高高原妙高
JR時代のホームの様子。3/13で廃止された「妙高号」が停車しており、奥には試運転中のしな鉄車両が停車していた。

—————————————
所在地:新潟県妙高市
所属路線
妙高はねうまライン
北しなの線