黒姫駅

しなの鉄道北しなの線の駅、黒姫の改札画像です。

吊り下げ式駅名標、上水郡信濃町の中心駅で快速「軽井沢リゾート号」も停車する。
イラスト入り駅名標、JR東日本の長野支社管内によく見かけるオリジナルのイラスト入り駅名標が今も残っている。
黒姫駅名
JR時代の駅名標、かつては妙高高原駅と並び信越本線におけるスキー・スノーボードのメッカとして「シュプール号」をはじめ多くの臨時列車が乗り入れた当駅であるが、JR末期には通年普通列車のみの駅となっていた。
駅舎、駅舎に併設して信濃町観光案内所がある。
黒姫駅舎
JR時代の駅舎、現在と大きな違いはない。
黒姫駅名標
JR時代の駅名版、現在も同じものが掲げられている。
改札口、当駅は有人駅で駅員による改札が行われている。
改札口周辺、当駅は有人窓口設置駅できっぷの購入ができる。また自動券売機も1台設置されている。
黒姫改札
JR時代の改札口周辺、券売機やポスターがJR東日本仕様となっている。
駅舎内部には待合室が設けられている。
待合室内部、ベンチが置かれている。
また待合室内にはそば屋があり、待合室兼蕎麦屋の店内となっている。また蕎麦屋の券売機も待合室内に置かれている。
ホームは2面3線のホームで駅舎から反対ホームへは跨線橋でアクセスする。
黒姫ホーム
JR時代のホーム、現在と配線は変わらない。日本有数の豪雪地帯の為、冬季は写真のように線路が雪で埋まることも珍しくない。

—————————————
所在地:長野県上水内郡信濃町
所属路線
北しなの線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください