江部乙駅

函館本線の駅、江部乙の改札画像です。

駅名標
当駅にもホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。築約70年の木造駅舎であるが、屋根は赤く、外壁は黄色と緑に塗装されており、カラフルで可愛らしい印象を受ける。
駅舎入口付近には木製と思われる看板が設置されている。江部乙の字は白で、駅の字は茶色で書かれており手の込んだ印象を受ける。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部。かつての窓口跡は封鎖されている。かつて駅事務所として使用されていたスペースは現在は倉庫になっていたようであり、取材時はJR北海道の作業員が電気工事のため出入りを行っていた。
駅舎内部の待合スペースにはベンチとテーブルが置かれている。
ホームは2面3線となっており、中線で列車の待避が可能となっている。
駅舎反対側のホームへは跨線橋を渡って連絡する。
跨線橋内部。当駅の跨線橋は、階段を登りきったらまた階段がある変わった構造となっている。
これはおそらく、跨線橋の高さが低く架線と跨線橋が干渉するため、電化時に跨線橋の高さをかさ上げしたことによるものと推測される。現に、当駅の跨線橋直下の架線は跨線橋の下ギリギリの高さを通っている。
架線部分を拡大すると、謎のトゲトゲした物体がついている。おそらく、架線と跨線橋を電気的に絶縁するために設置されている設備であるものと思われる。

—————————————
所在地:北海道滝川市
乗入路線
函館本線

滝川駅

函館本線・根室本線の駅、滝川の改札画像です。

駅名標。当駅は函館本線と根室本線が乗り入れ、根室本線は当駅が起点である。
光らないタイプの吊り下げ式駅名標も設置されている。当駅には特急カムイ・ライラック・オホーツク・宗谷の全列車が停車し、函館本線札幌ー旭川間における主要駅の1つとなっている。
根室本線単独の駅名標
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。近年駅前広場が整備された。
駅前広場整備前の駅舎(2014年9月撮影)。現在より駅前がスッキリしていることがわかる。
改札口。自動改札機が設置されているが、Kitaca等の交通系ICは使用不可となっている。
きっぷうりば。みどりの窓口があるほか、自動券売機が1台設置されている。
ホームは3面5線となっており、当駅始発・終着列車も多くなっている。特に、函館本線の普通列車は当駅を境に本数が変わり、旭川方面の本数は岩見沢方面の本数と比べ激減する。
当駅ホームにある自販機コーナーのイラストからはそこはかとなく国鉄の雰囲気が感じられる。
当駅には留置線が多数あり、駅構内は広くなっている。また、跨線橋が駅舎反対側に向かって伸びているが…
この跨線橋はJR社員専用の通路となっており、一般客の利用はできなくなっている。

—————————————
所在地:北海道滝川市
乗入路線
函館本線
根室本線

砂川駅

函館本線の駅、砂川の改札画像です。

駅名標。吊り下げ式はLED式の最新タイプとなっている。当駅は特急カムイ・ライラックの全列車と、一部のオホーツク号が停車する、函館本線札幌ー旭川間の主要駅の1つである。
自立式駅名標
駅舎。洋館風デザインの、可愛らしい印象の駅舎となっている。
駅舎の横にはガラス張りの建物が建っているが…
これは、砂川市が設置した、当駅の東西自由通路である。
改札口。みどりの窓口設置の有人駅で、集改札業務を行う。当駅は、函館本線札幌ー旭川間の特急停車駅では、唯一の自動改札機非設置駅である。
きっぷうりば。みどりの窓口のほか、自動券売機が1台設置されている。
改札口付近の様子
駅舎内部。広々としており、待合スペースとなっている。
ホームは2面3線となっている。ホームの配置は、上下線が千鳥配置となった、道内でしばしば見られるスタイルとなっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されており…
ホーム屋根の柱に、ホーロー駅名標が大量に設置されている。

—————————————
所在地:北海道砂川市
乗入路線
函館本線

豊沼駅

函館本線の駅、豊沼の改札画像です。

駅名標
駅舎。当駅の駅舎は高床式になっているが、これは駅舎が水害を受けたことによるものである。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
かつての窓口跡は封鎖されている。また、本が複数置かれている。
駅舎内は比較的広々とした印象を受ける。
駅舎ホーム側にはかつてのラッチ跡と思われる構造物が残る。また、駅舎ホーム側の「豊沼駅」の文字が味のある書体で、非常にエモい。
ホームは相対式2面2線となっている。滝川・旭川方面へは屋根のない跨線橋を渡って連絡する。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標があり…
ホーム上の複数の柱に設置されている。

—————————————
所在地:北海道砂川市
乗入路線
函館本線

奈井江駅

函館本線の駅、奈井江の改札画像です。

駅名標
駅舎。鉄筋コンクリート造りの駅舎となっている。
当駅では集改札業務を行っていないようである。改札口付近にはかつてのラッチ跡が残っている。
当駅には窓口が設置されており、平日の朝夕に限り乗車券の販売を行っているようである。窓口営業時間外は無人駅となる。
窓口の「きっぷうりば」の文字からそこはかとなく国鉄みが感じられる。
駅舎内部の待合スペース。真ん中にあるストーブをベンチが取り囲むような配置になっており、どことなくエモさが感じられる。
ホームは2面3線となっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されており…
ホーロー駅名標はホームの柱に大量に取り付けられている。
ホーム間は跨線橋で連絡する。跨線橋の入り口にもホーロー駅名標があるほか…
JR北海道キャラクター「モジャくん」の味のあるイラストが描かれている。
跨線橋の内部は、木製の骨組みや天井から趣を感じることができる。また、跨線橋内には…
「火気厳禁」と書かれたホーロー看板と、
「禁煙」と書かれたホーロー看板があり、地味に看板マニア必見のもじ鉄案件が見受けられる。

—————————————
所在地:北海道空知郡奈井江町
乗入路線
函館本線