川内駅

九州新幹線の駅、川内の改札画像です。

九州新幹線駅名標。川内と書いて「せんだい」と読む当駅には、九州新幹線のほか、鹿児島本線と肥薩おれんじ鉄道が乗り入れる。なお、東北の仙台には「川内」と書いて「かわうち」と読む駅が存在する。
鹿児島本線駅名標。鹿児島本線は本来、門司港駅を起点とし鹿児島駅に至る路線だが、2004年の九州新幹線開業時に八代ー当駅間が肥薩おれんじ鉄道として分離・分断されてしまった。そのため、当駅は現在鹿児島本線(当駅ー鹿児島駅間)の起点駅となった。
肥薩おれんじ鉄道駅名標。前述の通り、九州新幹線開業に伴い、鹿児島本線の八代ー当駅間を経営分離した路線であり、当駅が終点となっている。熊本県・鹿児島県の2県が共同出資しており、新幹線並行在来線の運営会社としては国内で唯一である。
西口駅舎。新幹線開業時に整備された橋上駅舎となっている。
東口駅舎の様子
当駅の改札は、在来線、新幹線、新幹線乗換の3つの改札が隣り合っている。
在来線改札口。IC専用簡易改札機が導入されており、SUGOCA等の交通系ICが利用できる。なお、交通系ICは鹿児島本線でのみ利用でき、肥薩おれんじ鉄道では利用不可である。
おれんじ鉄道中間改札。在来線ホームは鹿児島本線と肥薩おれんじ鉄道の共用となっている。そのため、ホーム上に小屋が設けられ、中間改札が設置されている。
小屋内には係員がおり、おれんじ鉄道の乗車券等の購入もできる。
新幹線改札口
新幹線乗換改札口
新幹線ホームは相対式2面2線となっており、ホームドアが設置されている。

—————————————
所在地:鹿児島県薩摩川内市
乗入路線
九州新幹線
鹿児島本線
肥薩おれんじ鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください