白石駅

函館本線・千歳線の駅、白石の改札画像です。

駅名標。当駅は函館本線・千歳線が乗り入れ、千歳線は当駅が終点である。但し、千歳線の列車は全列車が函館本線札幌駅まで乗り入れる。札幌市営地下鉄東西線にも白石駅があるが、当駅からは約2km離れており、乗換には不向きである。東西線への乗り換えには新札幌駅を利用しよう。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。ホーローにも札幌市内の駅であることを示す[札]マークが入ることが特徴的である。
駅舎。2011年に使用開始された新しい橋上駅舎であり、黒と茶色の2色が使用されたシックな外観が特徴的である。
改札口。Kitaca等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。
当駅にはみどりの窓口が設けられているほか、指定席券売機・自動券売機が1台ずつ設置されている。
駅舎出入口付近の様子。JR北海道とデンマーク国鉄が提携関係にあるためか、北欧テイストなインテリアデザインとなっている。
改札外コンコースの様子。明かり取りの窓が広く設けられており、日照時間の短い冬季でも明るく開放的な空間となっている。
改札内コンコースの様子。エレベーターの色合いは青+黄色のスウェーデンカラーであり、IKEAっぽさが感じられる。
ホームは2面4線となっている。札幌ー当駅間は複々線区間であり、外側2線を函館本線、内側2線を千歳線が使用し、函館本線・千歳線ともにそれぞれ専用の複線線路を有している。

—————————————
所在地:札幌市白石区
乗入路線
函館本線
千歳線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください