倉敷駅

山陽本線と伯備線の分岐駅、倉敷の改札画像です。

山陽本線駅名標。当駅は岡山県第2の都市・倉敷市の在来線のターミナル駅で、倉敷美観地区の最寄駅にもなっている。
伯備線駅名標。伯備線は当駅が起点駅であるが、ほとんどの列車が岡山駅まで直通する。
駅舎。駅ビル「さんすて倉敷」併設の橋上駅舎となっている。
駅舎周辺の通路の柱はアーチが連なったような独特の意匠となっている。
駅舎に取り付けられた立体文字の駅名標は国鉄風の趣が感じられる。
改札口。当駅の利用者数は岡山県下では岡山駅に次ぐ第2位、中国地方の駅では広島駅、岡山駅、福山駅に次いで4番目に多い利用者数を誇る。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口が設けられているほか、みどりの券売機、自動券売機が多数設置されている。
駅舎内は南北自由通路を兼ねており、通路沿いでは土産物店等が営業している。
改札内コンコースは美観地区をモチーフとしたレトロ風のデザインにリニューアルされた。
当駅のホームは3面5線となっており、山陽本線が2面3線を、伯備線が1面2線を使用する。
ホーム上の売店やホーム下も美観地区をモチーフとしたなまこ壁風の外装となっている。
当駅の番線標はほとんどがJR化後に設置されたものに交換されているが、3番のりばにのみ、国鉄時代からのものと思われる番線標が唯一残っていた。
また、駅舎南口外側にあるお手洗入口には、「お手洗」の国鉄風立体文字が残っていた。
南口のロータリーには大きな花時計があり、季節の花々に美しく彩られながら時を刻んでいる。

—————————————
所在地:岡山県倉敷市
乗入路線
■ 山陽本線
伯備線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください