帯広駅

根室本線の駅、帯広の改札画像です。

駅名標。当駅は十勝地方の中心都市である帯広市の玄関口であり、全列車が停車する。特急とかちや普通列車を中心に、当駅始発・終着列車も多数ある。
当駅の名所案内。十勝名物のばんえい競馬に並んで、旧国鉄の愛国駅・幸福駅が紹介されている。愛国駅・幸福駅は当駅から分岐していた旧国鉄広尾線の駅で、広尾線は1987年に全線が廃止となっている。
当駅にもホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。1996年の当駅付近の高架化に伴い完成した、高架駅舎となっている。
改札口。当駅の改札口は、1・2番線と3・4番線のホームごとに改札が分かれている。同様の構造はかつて九州の宮崎駅でもみられたが、宮崎駅は改札が統合されたため、現在では当駅が国内唯一となったいる。
北改札口。北改札口は1・2番線ホームへの改札口となっている。1・2番線ホームからは池田・釧路方面へ向かう列車の発着が多いが、一部例外があるため、乗車前には発車標で発着番線をよく確認しておきたい。
南改札口。南改札口は3・4番線ホームへの改札口となっている。3・4番線ホームからは新得・札幌方面へ向かう列車の発着が多いが、一部例外があるため、乗車前には発車標で発着番線をよく確認しておきたい。
東西自由通路。高架下を線路に平行に通っている通路で、この通路沿いに券売機や売店、みどりの窓口、待合室等がある。
自動券売機。乗車券の購入が可能である。
みどりの窓口も設置されている。
待合室は売店の横、みどりの窓口の向かい側に設けられている。
駅東側の南北自由通路。当駅の北口側・南口側間の通り抜けができるほか、駅ビルの入り口もある。
駅西側の南北自由通路。当駅北口側・南口側間の通り抜けができるほか、物産館等も営業している。
ホームは2面4線の島式高架ホームとなっている。列車の折り返しにも対応しており、前述の通り当駅始発・終着列車も多い。
当駅から新得・札幌方面を望む。当駅構内は非電化で架線がないため、駅構内はすっきりして見える。

—————————————
所在地:北海道帯広市
乗入路線
根室本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください