西富岡駅

上信電鉄の駅、西富岡の改札画像です。

駅名標
駅周辺案内
駅舎。三角屋根が特徴的な民家風の駅舎となっている。1種駅名標は近年リニューアルされたようである。
改札口。一部時間帯のみ係員が配置される。改札ラッチが残る。
改札口わきに設置されている屑入れ。「屑入れ」の文字が毛筆手書きで趣がある。取材班もこの中に入るべきなのではないかと一瞬思ったが、サイズ的に入らないため入るのは断念した。
出札口にの表示は手書きっぽく、古くから残る歴史あるものと推察される。
また、改札口付近には旅客運賃精算所の木製手書き看板が設置されている。精算所の木製看板は根小屋や山名、七日市など他駅でも見られるが、当駅のものは他駅のものと様式が異なる。
裏側から見た精算所看板。文字の太さや大きさが表側と異なり、手書き独特の味わいが感じられる。
駅舎内部は待合室となっているが、比較的手狭である。
駅舎内部の様子
取材時、待合室内に寝転がる猫の姿を見ることができた。
ホームは単式1面1線の棒線駅となっており、行き違い不可能である。
駅付近の踏切から見たホームの様子(踏切道内の安全な場所より、周囲の安全を確認し撮影。)
ホームの一部分には屋根がかけられており、屋根の下にはベンチが設置されている。
取材時、ホーム上には紫陽花が美しく咲く様子を見ることができた。

—————————————————
所在地:群馬県富岡市
乗入路線
上信電鉄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください