小牛田駅

東北本線・陸羽東線・石巻線の駅、小牛田の改札画像です。

東北本線駅名標。「小牛田」と書いて「こごた」と読む難読駅名である。当駅には東北本線のほか、陸羽東線と石巻線も乗り入れ接続駅となっている。
仙台支社オリジナル駅名標(東北本線)。当駅が最寄りである「山神社本殿」の写真入り。当駅は東北本線における主要駅であり、当駅始発・終着列車が多数存在する。
陸羽東線駅名標。陸羽東線は当駅を起点とし新庄に至る。ラインカラーはグレー。
仙台支社オリジナル駅名標(陸羽東線)。東北本線と同様に山神社本殿の写真入りとなっている。吊り下げ式と異なりラインカラーは陸羽東線のグレーのみが入る。
石巻線駅名標。石巻線は当駅を起点とし女川に至る。当駅には途中柳津で分岐する気仙沼線の列車も乗り入れる。駅名標にはラインカラーは入っていない。
仙台支社オリジナル駅名標(石巻線)。吊り下げ式と異なり石巻線と気仙沼線のラインカラーが入る。
近年までひらがな主体の旧デザイン駅名標が現役で使用されていた。
駅舎。複数の路線が乗り入れる交通の要衝に相応しい大規模な地平駅舎となっている
駅舎内部。当駅は特異な構造となっている。地上駅舎でありながら駅舎1Fに改札口や駅事務所は存在せず、駅舎2F部分に改札口・窓口があり橋上駅然としている。かつては駅舎1Fに改札口があり、現在も窓口跡と思われるものが残っている。
駅舎内部には地元・遠田郡美里町の案内所が入居している。
2Fへの階段入口。かつてはこの部分に改札口があったものと思われる。現在はこの入り口を入り階段を登った場所に改札口がある。
駅舎2F。みどりの窓口や自動券売機などの駅営業機能は全て駅舎の2Fにある。また、東口側とを結ぶ東西自由通路もここ2Fに通じている。
改札口。Suica対応の自動改札機が3通路設置されている。
Suicaについては、当駅から利用できる駅は限られる。東北本線仙台方面および陸羽東線古川までの各駅へはSuicaが利用可能だが、石巻線・気仙沼線では石巻駅以外の、東北本線盛岡方面では一ノ関・平泉以外の駅へは利用不可となっている。
ホームは2面4線。当駅は運行上の拠点駅となっており、東北本線・陸羽東線・石巻線いずれもほとんどの列車が当駅始発・終着とである。
当駅には小牛田運輸区が隣接しているため、駅構内には留置線が多数あり非常に広い構内を有する。
小牛田運輸区には主に陸羽東線・陸羽西線・石巻線・気仙沼線で使用される気動車が所属しており、気動車が大量に留置されている様子を見ることができる
また、レール運搬用車両といった珍しい事業用の車両も当駅構内で見ることができる
当駅南側の公道から望む当駅構内の様子
当駅構内の仙台寄りには転車台が現在も残っている。

—————————————
所在地:宮城県遠田郡美里町
乗入路線
東北本線
陸羽東線
石巻線
気仙沼線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください