川端駅

石勝線の駅、川端の改札画像です。

駅名標。隣駅表示「おいわけ」がステッカーで貼られているが、これは2016年まで隣に東追分駅があったためである。東追分駅は利用者が極端に少ないため廃止となった。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。三角屋根が特徴的な駅舎は隣の滝ノ上駅の駅舎と酷似したデザインとなっている。
当駅は無人駅となっており改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室となっている。窓口があった形跡は現在では確認することができない。
ホームは2面3線となっており、列車の交換が可能となっている。
当駅構内のポイント付近にはスノーシェルターが設置されている。これは冬季の積雪時、ポイントに雪が入り込むことでポイント切り替えができなくなることによる輸送障害を防ぐために設置されているもので、石勝線の駅や信号場でよく見られる設備である。
当駅の裏側には廃客車が置かれているが、これはかつて存在したパークゴルフ場の施設であったようである。現在パークゴルフ場は廃業している。

—————————————
所在地:北海道夕張郡由仁町
乗入路線
石勝線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください