青砥駅

京成本線と押上線の駅、青砥の改札画像です。

駅名標。当駅は京成本線と押上線の接続駅であり、押上線は当駅が終着駅である。押上線の列車は当駅始発・終着となる列車も多いが、大多数は高砂方面へ直通運転を行う。
京成本線駅名標。高架の防音壁に取り付けられた駅名標は、京成線の駅では珍しく、正方形に近い形をしている。
押上線駅名標。押上線についても、高架の防音壁には正方形に近い形の駅名標が取り付けられている。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎・駅ビルがある。
改札口。当駅の利用者数は京成電鉄の駅では第7位であり、京成上野駅よりも多い。
下りホームは島式1面2線となっている。当駅は3Fに下りホームが、2Fに上りホームがある構造となっており、押上線と京成本線の下り列車同士は同一ホームでの乗り換えが可能である。
上りホームは島式1面2線となっている。3Fにある下りホームの1つ下の階、2Fに上りホームがある。押上線と京成本線の上り列車同士は同一ホームでの乗り換えが可能。
当駅の防音壁には、古くから残ると思われる看板がある。

—————————————————
所在地:東京都葛飾区
乗入路線
京成本線
京成押上線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください