上諏訪駅

ホームに足湯のある駅、上諏訪の改札画像です。

駅名標。当駅は諏訪市の玄関口であり、上諏訪温泉や諏訪湖、霧ヶ峰高原などの玄関口である。また、精密機器工業が盛んでセイコーエプソンの本社が立地するなど、ビジネス需要も旺盛である。そのため、当駅にはほとんどの特急あずさ号が停車し、通過する列車は1往復のみである。
自立式駅名標。長野支社標準タイプのデザインとなっている。
長野支社管内で比較的よく見かける写真入り駅名標。当駅では立石公園から見下ろした諏訪湖の風景と、諏訪市特産であるカリンの写真が使用されている。
駅舎のホーム側壁には他駅であまり見かけないタイプの駅名標も設置されている。
跨線橋には木製・手書きの国鉄駅名標が設置されている。このタイプは長野県内で複数設置例が見られ、富士見駅、信濃大町駅、屋代駅等でも見ることができる。
経年劣化により白い塗料が剥げ、見難くなった国鉄駅名標もある。
また、元々は国鉄駅名標であったものを塗りつぶした上に、上からシールを貼ったと思われる変態的な駅名標もある。この手のタイプは他駅では設置例がなく、当駅が唯一の設置例であると思われる。
駅舎。築70年程度の歴史ある駅舎となっており、近年外装のリニューアルが行われた。
改札口。自動改札機が4通路設置されており、Suica等の交通系ICが設置されている。
きっぷうりばの様子。みどりの窓口があるほか、指定席券売機と自動券売機が3台ずつ設置されている。
駅舎内部には待合スペースが設けられている。
夏季には駅舎内に風鈴が吊るされ、涼しげな音色を奏でる。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・通過待ち・折り返しが可能となっている。当駅ー茅野間にある普門寺信号場から岡谷駅までの間は単線区間となっており、中央東線におけるボトルネック区間となっている。そのため、交換待ち等で当駅に長時間停車する列車も一部存在する。
一駅一名物として、当駅にはホーム上に足湯が設けられている。足湯は入場券や乗車券等、当駅改札内に入れる切符を持っていれば誰でも入ることができる。
足湯コーナー内にはホーローを模したと思われる駅名標が設置されている。
ここ上諏訪駅は上諏訪温泉の最寄駅であり、駅周辺から諏訪湖畔にかけて温泉旅館が立ち並んでいる。ホーム上には足湯のほか、飲泉可能な温泉と、諏訪の天然水が出る蛇口も設置されている。取材班は諏訪の美味しい天然水をペットボトルに詰め、取材中の水分補給に利用した。
駅構内には留置線が複数あり、当駅始発・終着列車で使用する車両が主に留置されている。画像では同じ顔で色違いの車両が3本並んでいるが、左2本の水色+薄緑の帯の車両はJR東日本の車両で、主に中央線・篠ノ井線・大糸線で使用されている。一番右のオレンジ+緑の帯の車両はJR東海の車両で、飯田線で主に使用される。飯田線の列車は当駅や茅野まで直通する列車が一部存在する。
当駅構内の留置線には、一部構内踏切のように渡り板が敷かれている部分が存在する。この渡り板は、諏訪湖畔花火大会の際に塩尻・松本方面ホームまでのルートとして使用される。
諏訪湖花火の臨時改札の様子。諏訪湖花火の際、会場最寄駅である当駅を大量の乗客が利用する。跨線橋や駅構内の混雑を避けるため、普段は改札の無い諏訪湖側に岡谷・松本方面専用の臨時改札が設けられ、IC専用簡易改札機が2台設置される。なお、駅舎内の改札は花火大会の際は茅野・甲府方面専用となる。
当駅ホームに設置された番線標は手書きっぽい雰囲気が感じられる。
2番線の番線標。カクカクした書体となっている。
3番線の番線標。2番線同様にカクカクした書体である。

—————————————
所在地:長野県諏訪市
所属路線
中央本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください