下諏訪駅

中央本線の駅、下諏訪の改札画像です。

駅名標。4ヶ国語表記対応となっている。当駅は諏訪大社下社・下諏訪温泉を擁する下諏訪町の玄関口であり、特急「あずさ」号も一部列車が停車する。
以前は4ヶ国語対応でない吊下式駅名標が設置されていた。
自立式駅名標
写真入り駅名標。長野支社管内でよく見かける駅周辺の名所の写真入りのもので、当駅が最寄りの諏訪大社下社の写真入りとなっている。
駅舎。和風デザインの駅舎は2020年春に外装のリニューアルがなされ、中山道の宿場町をイメージしたデザインとなった。
リニューアル前の駅舎(2014年頃撮影)。駅舎の形は今とほぼ同じだが、色合いがかなり変わったことが伺える。
駅舎全体の様子。駅舎のサイズに対し駅前広場が狭いため、駅舎全体を撮影することは難しい。
改札口。自動改札機が設置されており、Suica等の交通系ICも利用できる。中央東線では、茅野・上諏訪・当駅・岡谷の4駅連続で自動改札機が設置されている。
改札内から見た改札口の様子。改札機の間には下諏訪町指定文化財である「万治の石仏」のレプリカが展示されている。
きっぷ売り場の様子。みどりの窓口があるほか、指定席券売機・自動券売機が設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている
待合室内部の様子。広々とした清潔感感じられる空間となっている。
待合室にはNewDays KIOSKも入居している
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いが可能である。当駅を含む普門寺信号場(茅野ー上諏訪間)ー岡谷間は単線区間となるため、列車によっては交換待ちのため当駅に長時間停車する列車もある。
当駅のホーム上には、諏訪大社の行事「御柱祭」で使われる縄が展示されている。

—————————————
所在地:長野県諏訪郡下諏訪町
所属路線
中央本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください