富士見駅

中央本線の駅、富士見の改札画像です。

吊下式駅名標。当駅は一部の特急あずさ号が停車する。
自立式駅名標
駅舎。国鉄時代より使用されているものと思われる、山小屋風デザインの木造駅舎となっている。
駅舎。国鉄時代より使用されているものと思われる、山小屋風デザインの木造駅舎となっている。
1種駅名標は国鉄時代より残るものと思われる。
改札口。有人駅であり、係員による集改札が行われる。Suica等の交通系ICが利用可能であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場。みどりの窓口が設置されているほか、自動券売機が2台設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いや折り返しが可能となっている。
当駅の跨線橋には、国鉄時代より残ると思われる木製の駅名標が設置されている。当駅の駅名同様「不死身」の存在であってほしいものである。
1番線に設置されている駅名標は、2番線のものと比べると状態が悪くなっている。
当駅には、標高を示す縦型の木製看板が設置されている。

—————————————
所在地:長野県諏訪郡富士見町
所属路線
中央本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください