千種駅

中央線と地下鉄東山線の駅、千種の改札画像です。

中央線駅名標。当駅は名古屋市営地下鉄東山線との乗換駅である。中央線の高蔵寺・多治見方面と栄・覚王山等の東山線沿線との間を往来する場合は、名駅乗換より当駅乗換が便利である。
ホームに設置されている名所案内
駅舎。横に長い地平駅舎となっている。地平駅舎であるが、ホームが掘割構造となっているため、橋上駅のような構造となっている。
JR線改札口
当駅にはJR全線きっぷうりば・自動券売機が設けられている。
JR線地下改札口。地下鉄東山線の駅に直結しており、乗換客の利用が多いため、改札機の台数も多くなっている。
地上改札口とホームとを結ぶ階段付近には手書きっぽい看板がある。
JR線ホームは島式1面2線であり、掘割構造となっている。
地下鉄東改札口。JR線の地下改札口へ直結しており、乗換客が多いため改札機の台数も多い。当駅の利用者数は名古屋市営地下鉄では名古屋、栄、伏見、藤が丘、星ヶ丘に次ぐ第6位である。
東改札口はL字型をしており、2通路のみ離れ小島となっている。
地下鉄東山線西改札口。無人改札となっており、改札機の台数も3通路にとどまる。

————————————————–
所在地:名古屋市千種区
乗入路線
 中央本線(中央西線)
地下鉄東山線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください