熱海駅

東海道新幹線・東海道線・伊東線の駅、熱海の改札画像です。

東海道新幹線駅名標。当駅は国内有数の温泉地として知られる静岡県熱海市の玄関口である。当駅にはこだま号と一部のひかり号が停車する。
在来線駅名標。在来線は東海道線・伊東線の2路線が乗り入れる。東海道線の湯河原方面および伊東線がJR東日本管轄、東海道線の函南方面がJR東海管轄となる。そのため、駅名標にはJR東日本の駅番号”JT21”とJR東海の駅番号”CA00”の両方が付番されている。
伊東線駅名標。伊東線の駅名標にはJR東海の駅番号は入っておらず、JR東日本の駅番号のみが入っている。
駅番号導入前の在来線駅名標。現在は廃止となった「伊豆クレイル」のロゴが入っていた。
駅舎。2016年に駅ビル「ラスカ熱海」に改築された。かつて熱海の観光客数は低迷の一途を辿っていたが、近年再び観光客が増加傾向にある。新駅舎開業により熱海の観光にさらなる好循環が生まれることが期待されている。
以前の駅舎の様子(2010年6月撮影)
在来線改札口。当駅から新幹線乗車時も一旦在来線改札を通る必要がある。青春18きっぷシーズン等、有人通路に列ができることがしばしばある。
新幹線改札。当駅の新幹線改札は在来線改札内にあるため、新幹線乗車時は一度在来線改札を通る必要がある。

在来線ホームは3面5線となっている
当駅の伊東線ホーム1番線への階段付近には、写真入りの手書きっぽい名所案内看板が設置されていた。
また、同じく伊東線ホーム1番線への階段付近には、乗務員詰所の手書きっぽい看板が設置されていた。
伊東線ホーム1番線のホーム上には、グリーン車の停車位置を示す電照式看板が残っていた。
当駅の東海道線ホーム3番線には、リコーの広告部分のみが残ったホーローの残骸が残っていた。
このホーローは上から発車ベルスイッチが設置されたことにより撤去が困難となったため、取材時も残っていたものと推測される。このように、当駅構内には看板マニア必見のもじ鉄案件が複数残っていた。

————————————————–
所在地:静岡県熱海市
乗入路線
東海道新幹線
東海道線
伊東線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください