寄居駅

東上線・八高線・秩父鉄道の駅、寄居の改札画像です。

寄居東上駅名
東武東上線駅名標。当駅は東武東上線の終着駅。東上線の建設当時は当駅より先、高崎・渋川を経由し新潟県長岡までを結ぶ計画があったが結局当駅が終点のまま今日に至る。東上線の路線名はかつて京と州(群馬)を結ぶ計画だったことに由来する。
寄居jr駅名
八高線駅名標。高崎支社スタイルの駅名標が設置されている。

寄居秩父駅名
秩父鉄道駅名標。当駅は東武東上線・JR八高線との乗換駅である。
寄居駅舎
駅舎。橋上駅舎となっている。

寄居改札
改札口。当駅は東武東上線・JR八高線・秩父鉄道の3社3路線の共同使用駅となっており改札口はここ1箇所のみである。駅は秩父鉄道が管理しており、東上線・八高線乗車用のIC専用簡易改札機が設置されている。秩父鉄道では交通系ICは利用不可である。
寄居東武乗換
東上線乗換改札。東上線にPASMO等の交通系ICで乗車する際は当駅で乗り換える場合、乗車・下車する場合を問わずこの簡易改札機に必ずタッチする必要がある。もしタッチし忘れると実際の経路と異なる割高な運賃が引かれるため注意が必要である。
寄居秩父入場
秩父線ホームである3、4番線への入口・出口にはIC専用簡易改札機が設置されている。秩父線ではPASMO等の交通系ICが使用不可なため、秩父鉄道から東上線・八高線への乗り換え時に東上線・八高線を交通系ICで利用する際はここにタッチする必要がある。
寄居秩父出場
階段上には東上線・八高線を交通系ICで利用した後に秩父線に乗り換える際にタッチする出場用の簡易改札機が設置されている。なお、東上線利用時は、先述の東上線乗換改札に必ずタッチする必要がある。

————————————————–
所在地:埼玉県大里郡寄居町
乗入路線
東武東上線
八高線
秩父本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください