山形駅

山形新幹線・奥羽本線・仙山線・左沢線の駅、山形の改札画像です。

山形新幹線駅名標。山形新幹線は約半数の列車が当駅始発・終着となる。新庄方面へは半数が少なくなるため注意。「山形新幹線」という名前であるが、在来線の線路を走るため踏切がある。最高時速も130km/hであり、実質的には在来線特急である。
4ヶ国語対応前の山形新幹線駅名標。
奥羽本線(山形線)駅名標。山形県の県庁所在地である当駅は奥羽本線における主要駅でもあり、普通電車も当駅始発・終着列車が多い。山形線は山形新幹線と線路を共有しているため、普通列車用の車両も標準軌の車両を使用している。
4ヶ国語対応前の山形線駅名標
仙山線駅名標。東北最大の都市・仙台と羽前千歳駅を結ぶ仙山線は全列車が当駅まで乗り入れる。仙山線の車両は奥羽本線と線路幅が異なるため、羽前千歳ー当駅間は仙山線専用の狭軌の線路を走行する。
4ヶ国語対応前の仙山線駅名標
左沢線駅名標。「あてらざわせん」と読む。左沢線は隣の北山形が起点であるが、全列車が当駅まで乗り入れる。1駅隣の北山形駅で奥羽本線から分岐する。左沢線は奥羽本線と線路幅が異なるため、北山形ー当駅間は仙山線用の狭軌の線路を走行する。
4ヶ国語対応前の左沢線駅名標
駅舎。山形県の県庁所在地である山形市の玄関口であり、駅ビル「S−PAL」が入居する橋上駅舎となっている。
改札口。Suica等の交通系ICが利用可能な自動改札機が導入されている。なお、山形県内では当駅、山寺駅等一部主要駅のみ利用可能。北山形駅や天童駅といった、Suica非対応駅への利用は不可能なため注意。
新幹線乗換改札。山形新幹線のホームは別改札となっている。山形新幹線に乗車時はこの改札に乗車券と特急券を通す必要があり、当駅の改札を2回通ることとなる。
ホームは3面6線。このうち、山形新幹線が1面2線、奥羽本線が1面2線、仙山線・左沢線が1面2線をそれぞれ使用する。
山形新幹線ホーム。先述の通り1面2線である。山形新幹線の米沢ー新庄間の駅では唯一改札が分離されている。
左の線路が山形新幹線・山形線用の標準軌の線路、右の線路が仙山線・左沢線用の狭軌の線路。左の線路の方がレール幅が広いことがわかる。通常のJR在来線と同じレール幅である仙山線・左沢線の狭軌の線路は、双方の終着駅である当駅構内で行き止まりとなっている。

—————————————
所在地:山形県山形市
乗入路線
山形新幹線
奥羽本線(山形線)
( 仙山線)
( 左沢線)

「山形駅」への3件のフィードバック

  1. 東北地方の中でも、山形駅はとても好きなステーションだ❗

  2. 仙台や盛岡よりは規模が小さいが、落ち着きのあるターミナルです。

    1. おっしゃる通り、私も山形駅は素敵な駅であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください