信濃大町駅

立山黒部アルペンルートの信州側玄関口、信濃大町の改札画像です。

駅名標。大糸線は訪日外国人観光客の利用が多いため駅番号が設定されている
信濃大町 駅名標
駅番号導入前の駅名標
写真入り駅名標。北アルプスの山々の写真入りである。
長野支社オリジナル駅名標。駅番号は入っていない。
跨線橋に掲げられた木製の国鉄型駅名標。大変趣深い。
駅舎。山小屋風のデザインの駅舎は見かけによらず近年改築されたものである。
当駅は立山黒部アルペンルートの信州側玄関口であり、夏季は登山客が多く利用する。
改札口。扉付き自動改札機が設置されているが、Suica等の交通系ICは使用できない。
松本駅以南では使用できるため、そのまま当駅まで乗ってこないよう気をつけたい。
ホームは2面3線。そのほか留置線等が多数ある。
当駅は大糸線の主要駅であり、普通列車を中心に当駅始発・終着列車が多い。
ホームの様子
ホーム上にはなぜか太鼓が置かれている。

—————————————
所在地:長野県大町市
所属路線
大糸線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください