草野駅

常磐線の駅、草野の改札画像です。

駅名標
跨線橋には手書きっぽい雰囲気の駅名表示がなされている。
跨線橋には国鉄時代からの縦型駅名標が残る。
駅舎。歴史と趣を感じさせる木造駅舎である。駅入口の駅名表示は国鉄スタイル。
ホーム側から望む駅舎
改札口。いわき以南の駅と異なり当駅以北ではSuica等の交通系ICは利用不可。
有人駅となっており、乗車の際は駅員さんに切符を見せて改札を通ろう。
四倉の駅同様、窓口は閉鎖されており乗車券は自動券売機で購入する必要がある。
駅舎内の待合スペース。運行状況・時刻表を表示する装置が設置されている。
ホームは2面3線。上下線の間に中線があり架線も張られている。
上りいわき方面である1番線にはレンガ造りの倉庫がある。
当駅には留置線があり駅構内が広くなっている。留置線があるためか、朝に1本のみ水戸行きの上り列車が当駅始発となる。
留置線は4線あり、10両編成にも対応。いわき方面が行き止まりとなっている。

—————————————
所在地:福島県いわき市
乗入路線
常磐線

「草野駅」への1件のフィードバック

  1. 草野駅はみどりではない窓口があって隣の四ツ倉と同じJR水戸支社の内郷、南中郷、大津港、岩瀬、新治、玉戸、川島はみどりの窓口が閉鎖で指定席券売機が設置されず窓口自体なくなり磐城棚倉はみどりでない窓口に変わったため現金で自由席などオフラインのきっぷが買える。磐城石川、常陸太田、小木津は指定席券売機が設置された。こういった縮小があっても列車の本数が減らないならいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください