いわき駅

福島県浜通り地方の中心駅、いわきの改札画像です。

いわき四つ又駅名
駅名標。当駅には常磐線と磐越東線が乗り入れ、磐越東線は当駅が起点である。
当駅の隣の駅は3駅しかないが、なぜか4又になっている駅名標がある。
いわき常磐駅名
常磐線駅名標。当駅は常磐線における運行上の拠点駅で、当駅始発・終着列車が多い。
特急「ひたち」「ときわ」は当駅までの運行で、当駅以北は普通列車のみである。

いわき磐越駅名
磐越東線駅名標。当駅を起点とし郡山に至る。運転本数は少ない。
駅舎。橋上駅舎となっており、駅前にはペデストリアンデッキがある。
いわき駅舎
駅舎
いわき改札
改札口。当駅以南の常磐線ではSuica等の交通系ICが利用可能である。
当駅以北の常磐線四ツ倉方面および磐越東線小野新町方面へは利用できない。
いわき地区は茨城方面との結びつきが強いため、Suicaは首都圏エリアとなっている。
ホームは3面6線。一番西側の6番線のみ磐越東線が使用。他は全て常磐線が使用する。
運が良ければ、常磐線取手以北で使用される全ての車両を見ることができる。
いわきらとぶ
いわき駅前ビル「LATOV」。当駅とベデストリアンデッキで直結している。
いわきムコナ
当駅には水戸支社イメージキャラクター「ムコナくん」の顔ハメパネルが置かれている。
いわき震災番線
震災から8年以上が経過し、福島の復興・被災路線の復旧は一歩一歩進んでいる。
以前は常磐線で仙台へ行けず、磐越東線に乗り郡山周りで行く必要があり、
当駅構内の表示も磐越東線側に”仙台方面”と書かれたシールが貼られていた。
また、常磐線側は”仙台方面”ではなく、”竜田方面”の表示となっていた。
現在も富岡ー浪江間が不通だが代行バスを乗り継ぎ仙台に行けるようになった。
そのため、現在では常磐線側に”原ノ町・仙台方面”の表示が復活している。
待望の全線開通も2020年春に決定。震災前同様列車で仙台まで行けるようになる。
いわき震災運賃
当駅の運賃表も、以前取材時は”常磐南線”の終着駅である竜田までの表示だったが…
現在は、不通区間が途切れてはいるものの浪江以北の表示が復活している。 

—————————————
所在地:福島県いわき市
乗入路線
常磐線
 磐越東線 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください