松本駅

信州の主要都市・松本の玄関口、松本の改札画像です。

駅名標。当駅にはJRは篠ノ井線と大糸線の2路線が乗り入れる。信州の一大ターミナル駅である当駅は到着時に「まつもとぉ〜」(←クリックすると音が出るため注意)と特徴的なアナウンスが流れることで知られる。
大糸線駅名標。大糸線は当駅と糸魚川を結び、当駅が起点である。大糸線は訪日外国人観光客が多いため駅番号・四ヶ国語表記が導入されている。
アルピコ交通上高地線駅名標。アルピコ交通は大糸線ホームの向かい側7番線より発着。改札は分離されておらず、当駅はJR東日本とアルピコ交通の共同使用駅である。
松本アルピコ駅名
ナンバリング導入前のアルピコ交通駅名標
駅舎。橋上駅舎となっており、駅ビル「MIDORI」が入居する
改札口。Suica・PASMO等交通系IC対応の自動改札機が導入されている。Suica等の交通系ICは篠ノ井線塩尻方面および中央東線甲府方面へのみ利用可能。大糸線、篠ノ井線長野方面、中央東線辰野支線、中央西線へは利用不可なので注意。
自由通路
ホームは4面8線。大糸線とアルピコ交通のホームは他のホームと若干離れている。
当駅は信州の主要都市・松本の玄関口として多くの列車が当駅を始発・終着とする。
当駅には隣接して松本車両センターがあり、多くの車両が留置されている。
車庫があるため当駅構内では列車の入換を行う光景等も見ることができる

—————————————
所在地:長野県松本市
所属路線
篠ノ井線
( 中央東線)
( 中央西線)
大糸線
 アルピコ交通上高地線

附属中学前駅

長野電鉄の駅、附属中学前の改札画像です。

駅名標。名前の通り当駅は信州大学教育学部附属長野中学校、及び同大学附属特別支援学校、小学校の最寄駅であり、当駅を挟んで両校の敷地がある。
駅舎。こじんまりとした三角屋根が特徴の駅舎である。
改札口。窓口は平日の7:20~16:30まで駅員が配置されている。
駅舎内部。駅舎内は列車の待合室になっている。
ホーム。片面の1面1線のホーム。ホームに出入り口はないが附属中学校と小学校側の敷地を結ぶ跨線橋、通称「ゆめのかけはし」がホーム中ほどにある。
ホームから駅舎への通路。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
長野電鉄

朝陽駅

長野電鉄の駅、朝陽の改札画像です。

駅名標。A特急は通過するが、B特急は当駅に停車する。
駅舎。民家風の歴史を感じさせる雰囲気の木造駅舎である
改札口。有人駅であり集改札を行う。
駅舎内部は窓口と券売機があり乗車券の購入が可能。
駅舎内部の待合スペース
駅舎からホームへは構内踏切を渡り移動する
ホームは島式1面2線。長野から当駅までは複線だが当駅より先は単線となる。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
長野電鉄

信濃吉田駅

長野電鉄の駅、信濃吉田の改札画像です。

駅名標。当駅にはB特急が停車する。
北口駅舎 。長野電鉄の駅では珍しい橋上駅舎となっている。
南口駅舎。南口からはしなの鉄道の北長野駅が近くにあり、徒歩にて移動ができる。
改札口
ホームには車椅子用線用の出入口があり、ホームへとダイレクトに入ることが出来る。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
長野電鉄

桐原駅

長野電鉄の駅、桐原の改札画像です。

駅名標
歴史あるホーロー製の縦型駅名標も残る
駅舎。三角屋根が特徴的な趣ある木造駅舎である
改札口。有人駅であり集改札が行われる
駅舎内部。自動券売機が設置されている
駅舎内は狭く、3人が座れる程度のベンチが置かれているのみである
駅舎軒下
ホーロー製の注意書きが柱に貼られている
ホーロー看板と元営団日比谷線の中古車両。両者とも今日では貴重な存在だが、ここ桐原駅に来れば、令和の時代を迎えた現在でも両者のコラボを見ることができる。
ホームから見た駅舎の様子
駅舎反対側、長野方面ホーム待合室にもホーロー看板がある
ホームは相対式2面2線
長野方面ホームには車椅子用スロープがある。駅員に申し出れば使用可能。

—————————————
所在地:長野県長野市
所属路線
長野電鉄