粟津駅

北陸本線の駅、粟津の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
粟津駅名

○駅舎
石川県内の北陸本線の駅では、近年駅舎の改築が進んでいるが、
当駅は、開業当初からの趣ある木造駅舎となっている。
粟津駅舎

○改札口
2017年4月の石川地区ICOCA導入に伴い、IC専用簡易改札機が導入された。
粟津改札

○駅構内
ホームは島式2面4線となっている。一部普通列車が当駅で特急の通過待ちを行う。
粟津ホーム

かつて当駅には、貨物列車が発着しており、貨物ホームがあった。
現在貨物駅は廃止されているが、当時の名残で広い駅構内を有する。
粟津駅構内

当駅は粟津温泉と那谷寺(なたでら)の最寄駅の1つである。
粟津温泉は、1300年の歴史を持つ旅館「法師」があることで知られる。
那谷寺は、松尾芭蕉も立ち寄った北陸有数の名刹として知られている。
なお、粟津温泉・那谷寺ともに駅からは離れている。(約4〜5km)
粟津温泉

—————————————
所在地:石川県小松市
所属路線
北陸本線

全国の「粟津駅」リンク
->滋賀県にある京阪石山坂本線の粟津駅

松任駅

車両工場のある駅、松任の改札画像です。

※2017年4月再取材

○駅名標
当駅は金沢市のベットタウンである白山市の中心駅である。
一部の特急サンダーバードやしらさぎが停車するほか当駅折り返しの列車も存在する。また、金沢総合車両所松任本所などの車両基地があり、鉄道の町としても知られている。松任 駅名標

○駅舎
近年橋上化された。
松任 駅舎

○改札口
ICOCA導入に伴い自動改札機が導入された。松任 改札

○駅構内
車両工場が近いため広い構内をもつ。
松任 校内

—————————————
所在地:石川県白山市
乗入路線
北陸本線   

小松駅

北陸本線の駅、小松の改札画像です。

※2017年5月再取材

○駅名標
当駅は、北陸の空の玄関口・小松空港を有する石川県小松市の中心部に位置する。当駅にはサンダーバード号、しらさぎ号などの特急列車が一部停車する。小松駅名

○駅舎
当駅の駅舎は北陸本線の駅としては数少ない高架駅となっている。北陸本線では、当駅のほか、金沢駅と福井駅が高架駅となっている。小松駅舎

○改札口
2017年4月の石川地区ICOCA導入に伴い、自動改札機が導入された。
石川・富山地区のICOCA導入エリアで扉付きの自動改札機が設置されている駅は、当駅、松任、金沢、高岡のみであり、それ以外は全てIC専用簡易改札機での対応となる。小松改札

○こまつの杜
小松市は、建設機械トップシェアの小松製作所の企業城下町としても知られる。
当駅東口徒歩1分にある「こまつの杜」では、超大型ダンプカーが展示されている。
アメリカの鉱山で使用されている実物で、日本で見られるのはここだけである。
小松ダンプ

小松ダンプwith駅

—————————————
所在地:石川県小松市
乗入路線
北陸本線

金沢駅/北鉄金沢駅

加賀百万石の城下町、金沢の改札画像です。

※2017年4月再取材

【金沢駅】

○新幹線駅名標
金沢 新幹線駅名標

○在来線駅名標
金沢 駅名標

○東口駅舎
金沢駅のシンボル「鼓門」がそびえる立派な駅舎。
加賀百万石の大都市の玄関口に相応しい風格を感じさせる。
金沢東口駅舎

金沢駅名標

○西口駅舎
鼓門がある東口と比べて派手さはないが、
加賀百万石の玄関口らしい風格のある駅舎になっている。
金沢西口駅舎

○在来線改札口
ICOCA導入にあたり自動改札が導入された。
金沢 改札左

金沢 左改札

金沢 右改札

※(参考)自動改札導入前の改札
金沢在来改札

○在来線あんと改札口
金沢 あんと

○新幹線改札口
金沢 新幹線改札

○新幹線乗り換え改札口
中2階に設置され、在来線乗り継ぎの利便性が図られている。
金沢 のりかえ

【北鉄金沢駅】

○駅入り口
もてなしドームの下の地下空間に北鉄金沢駅がある。
本州日本海側では唯一の地下駅である。
金沢北鉄駅入り口

○改札口
金沢北鉄改札

—————————————
所在地:石川県金沢市
所属路線
北陸新幹線
北陸本線
IRいしかわ鉄道線
七尾線)
浅野川線