赤湯駅

山形新幹線の駅、赤湯の改札画像です。

JR線駅名標。当駅は奥羽本線と山形鉄道フラワー長井線の接続駅で、山形新幹線「つばさ」が停車する。
自立式のJR線駅名標
駅舎ホーム側の壁にはJR東の標準タイプと異なる灰色地の駅名標が設置されている。
当駅には国鉄時代に設置されたと思われる縦型駅名標が現在も残る。
山形鉄道フラワー長井線駅名標。当駅は長井線の起点駅。フラワー長井線は旧JR長井線が1988年に第三セクター化され山形鉄道に引き継がれたものである。
横に細長いタイプの駅名標も設置されている。当駅は奥羽本線と山形鉄道フラワー長井線の共同使用駅であるため、両線は改札を通らず乗換が可能である。
東口駅舎。パラグライダーをモチーフとした近代的なデザインとなっており、グッドデザイン賞およびやまがた景観デザイン賞を受賞している。
東口改札。JR東が管理している。山形新幹線の他駅同様、新幹線乗車時専用のIC専用簡易改札機が設置されている。
駅舎内部。売店等が入居している。
きっぷ売場。みどりの窓口があるほか、指定席券売機も設置されている
駅舎内の待合スペース
待合室のベンチは木製の独特な形をしたベンチとなっている
西口駅舎。近代的なデザインの東口側とは対照的に、木の温かみを感じるログハウス風のデザインとなっている。
西口改札。山形鉄道が管理している。西口側には改札機がないためIC利用での新幹線乗車は不可となっている。
西口駅舎内の待合スペース
西口駅舎へは跨線橋で連絡する。山形鉄道が管理する跨線橋内部には山形鉄道を含む東北6県の鉄道事業者の「鉄道むすめ」のイラストが展示されている
西口駅舎側から見た跨線橋の様子。跨線橋はJRの跨線橋にもそのまま繋がっており東口駅舎やJR線ホームにも向かうことができる
ホームは3面4線でJR線は行き違いが可能。このうちJR線が3面3線を、山形鉄道が1面1線を使用する
山形鉄道のホームは最も西口側にある1面1線のみである
山形鉄道の線路は当駅で行き止まりとなっている
当駅に停車する山形新幹線つばさと山形鉄道フラワー長井線の気動車。新幹線車両と在来線の列車が並ぶ光景を見ることができるのはミニ新幹線ならではである。

—————————————
所在地:山形県南陽市
乗入路線
山形新幹線
奥羽本線(山形線)
フラワー長井線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください