塩尻駅

中央本線、篠ノ井線が交わる交通の要衝、塩尻の改札画像です。

※2016年3月再取材

○駅名標
当駅は東京と名古屋を結ぶ中央本線と、信州の2大都市
長野・松本を結ぶ篠ノ井線が交わる交通の要衝である。
塩尻駅名青

中央本線は当駅を境に東京方が東日本管轄、名古屋方が東海管轄に分かれる。
当駅の東西を直通する定期旅客列車は存在しないため、
中央本線は当駅ー東京間を中央東線、当駅ー名古屋間を中央西線と呼ぶことが多い。
塩尻駅名橙

4番線ホームでは三又に分かれている珍しい駅名標が見られる。
なお、三又の3駅はいずれも中央本線の駅である。

みどり湖駅は中央東線の駅であり、小野駅は中央東線(旧線・辰野周り)の駅、
洗馬駅が中央西線の駅である。洗馬駅は東海の管轄のため、オレンジ帯となっている。
塩尻駅名三又

長野支社オリジナル駅名標
塩尻特産のブドウがデザインされている。
塩尻イラスト駅名

○駅舎
塩尻駅舎

○改札口
塩尻改札

○ホームにあるブドウ園
当駅の3、4番線ホームには塩尻特産のブドウ園がある。
ホームにブドウ園があるのは全国でも当駅だけである。
塩尻名物

塩尻ワイン樽

ブドウ園は地元の方々が管理をしており、
ブドウの収穫シーズンになると実をつける。
(※撮影時はシーズンオフのため何もなかった)
塩尻ぶどう園

—————————————
所在地:長野県塩尻市
所属路線
 中央本線(中央東線・辰野支線)
中央本線(中央西線)
篠ノ井線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.