米子駅

山陰本線・境線の駅、米子の改札画像です。

山陰本線駅名標。当駅は山陰本線と境線の接続駅であり、境線は当駅が起点である。また、2駅東隣の伯耆大山駅が終点である伯備線の列車も当駅に乗り入れる。駅名標はラインカラー入りとなっているが、「鳥取二十世紀梨の色」をモチーフとした山陰本線(当駅ー城崎温泉間)のラインカラーである。
山陰本線駅名標。当駅は山陰本線と境線の接続駅であり、境線は当駅が起点である。また、2駅東隣の伯耆大山駅が終点である伯備線の列車も当駅に乗り入れる。駅名標はラインカラー入りとなっているが、「鳥取二十世紀梨の色」をモチーフとした山陰本線(当駅ー城崎温泉間)のラインカラーである。
ラインカラー導入前はJR西日本標準デザインである青帯の駅名標が設置されていた。
境線駅名標。水木しげるワールドを擁する境港への連絡路線で鬼太郎列車が走ることもあり、駅名標も妖怪が描かれた独特なデザインのものとなっている。境線の各駅には妖怪名にちなんだ副駅名が命名されており、当駅は「ねずみ男駅」である。
駅舎。国鉄時代から使用されている鉄筋コンクリート造りの駅舎が残っていたが、当駅の橋上駅舎化に伴い解体がなされる予定である。
駅舎の外壁に取り付けられた駅名の立体文字からは国鉄の趣が感じられる。
改札口。山陰地区へのICOCA導入に伴い、自動改札機が設置された。なお、山陰地方での自動改札機設置駅は、当駅、松江、出雲市の3駅のみであり、鳥取県の駅では当駅が唯一の自動改札機設置駅である。
ICOCA・自動改札機導入前は、改札ラッチが設置されており係員による集改札が行われていた。改札口上部の壁には大山をモチーフとしたと思われる壁画があり、趣ある雰囲気が感じられた。
ホームは3面6線となっており、比較的大規模な構内を有する。
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている箇所がある。
一方、別の箇所には古レールを活用したホーム上屋も使用されている。
境線の終点である境港は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者として知られる、水木しげる先生の出身地である。当駅の境線ホームは水木しげるワールドの玄関口として、目玉おやじやねずみ男等、鬼太郎ワールドの住人による装飾がなされている。
境線では鬼太郎や目玉おやじを車体にデザインした「鬼太郎列車」が走っており、境港観光の目玉の1つにもなっている。
鬼太郎列車が発着する境線ホームは妖怪ワールド一色になっている。
跨線橋の階段にも鬼太郎のイラストが描かれている。
ホームは広いが駅構内も広く、多数の留置線が設けられている。
駅構内の京都・鳥取・岡山方面を望む。かなり多数の留置線が設けられていることがうかがえる。
当駅は山陰地方における鉄道発祥の地であり、駅前にはそのことを示す碑と動輪が設置されている。
“山陰の大阪”と呼ばれる商業都市であり、山陰鉄道発祥の地でもある歴史ある米子。そんな当駅構内にはもじ鉄案件も多数存在する。跨線橋には立体文字が取り付けられているが、現在行われている橋上化工事の完成後、跨線橋は解体・撤去されることが予想され、このもじ鉄案件の余命もそう長くないことが想定される。
当駅の番線標は国鉄時代から残ると思われる行灯タイプであるが、他駅でも残存例が比較的多く見られる数字のみが書かれたタイプではなく、「2番のりば」と書かれたタイプが当駅には設置されている。
3番のりばの番線標。数字のみではなく「番のりば」まで書かれたタイプの行灯番線標は珍しいものであると思われる。
4番のりばの番線標。取材時は消灯しておらず、点灯状態を見ることができた。
5番のりばの番線標。2〜5番のりばにはこのタイプの番線標が設置されているが、0番・1番のりばには設置されていないものと思われる。
跨線橋上に設置されたのりば案内看板も国鉄時代から残るものと思われる。番線標同様、取材時は点灯状態を確認することができた。
同様に跨線橋上に設置されたのりば案内であるが、こちらは「境線」が上からステッカーで貼られている。
また、駅舎外側には古いタイプの駅レンタカーロゴが入った看板が残っていた。
駅舎外壁に設置された駐輪マナーに関する手書き看板。このように、当駅構内には多数のもじ鉄案件がみられたが、いずれも橋上駅舎化により余命はわずかであるものと推測される。

—————————————
所在地:鳥取県米子市
乗入路線
■ 山陰本線
■ 伯備線)
■ 境線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください