津山駅

岡山北部の交通の要衝、津山の改札画像です。

津山線駅名標、津山線ではラインカラーが導入されている。ラインカラーは田園に広がる稲穂をイメージした「黄色」となっている。
津山線・姫新線駅名標。ラインカラーは導入されていない。
自立式駅名標。当駅は姫新線・津山線・因美線が乗り入れる中国山地の交通の要衝である。
駅舎。駅前にはバスターミナルもあり、全体を覆うように上屋が設けられた。
津山 駅舎
以前は上屋がなく、駅前広場からも駅舎を望むことができた。
駅舎の第一種駅名標、国鉄時代から使われているものと思われる。
駅舎の軒下には「中国ハイウエイバス」の国鉄フォントの案内看板が存在する。津山市は中国自動車道沿線地域の為、大都市行きの高速バスが多く発着している。
改札口。自動改札は導入されておらずICカードもエリア外のため利用できない。
改札口には「精算所」の電照式看板が残る。
駅舎内部、改札口とは離れて自動券売機が設置されている。
駅舎内部には待合室が備えられている。
駅舎内部にはコンビニや待合スペースがある。
コンビニ横の待合スペース、木製のベンチが置かれている。
駅舎からホームへは地下通路を利用する。
地下通路内部、中は和風な様式になっている。
通路内部には手書きの方面看板が設置されている。
地下通路の1番線の番線標。電照式になっている。
地下通路の2番線の番線標。
地下通路の3番線の番線標。
地下通路の4番線の番線標。
地下通路内部では沿線の古い駅の写真が展示されている。当駅の写真は古い駅名標とホームの写真となっていた。
地下通路の入口には「ここでは左側通行」の手書き看板が掲げられている。
1・2番ホームからの方面看板、国鉄時代から使われていると思われる電照式看板が現役である。
ホーム。2面4線の島式ホームである。また各線の留置車両も多いため構内は広い。
駅構内は留置線や車庫がある為大変広い。写真奥に見えるのは津山まなびの鉄道館。
以前は跨線橋を使って駅舎からホームを移動していたが、老朽化の為現在は封鎖されている。
跨線橋は現在も撤去されることなく残っている。
ホームには「ン車」と書かれた手書きの文字が残っている。おそらく「グリーン車」の文字の一部と思われ、津山線や因美線、姫新線に優等列車が走っていた頃の遺構と思われる。
ホームに残る方面看板。バリバリの国鉄フォントになっており、方面も鳥取や姫路が入っていることから優等列車があった頃からの看板と推測される。
ホームののりかえ看板。「岡山」や「新見」といった当駅から乗り換えなく行ける地域と並びハイウエイバスの乗り換えが案内されている。
ここ津山市はB’zの稲葉浩志氏の生まれ故郷であり、駅前には大きなポスターや看板がある。
以前は津山市内の小学校に展示されていたSLの「C11-80」。
当駅駅前広場整備をきっかけに当駅前に移設され、津山を訪れる人々を出迎える。
駅前には「トレビック模型」と書かれた店があり内部には・・・
中国勝山の国鉄駅名標やつぼいのホーローの立て看板が展示されている。
林野の国鉄看板も展示されている。
駅構内の裏には、2016年リニューアルオープンした、津山まなびの鉄道館がある。
津山まなびの鉄道館では扇形機関車庫など鉄道に関する貴重な施設・設備を展示している。

—————————————
所在地:岡山県津山市
乗入路線
姫新線
(因美線)
津山線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください