当麻駅

石北本線の駅、当麻の改札画像です。

自立式駅名標。当駅は北海道上川郡当麻町の代表駅であり、特別快速きたみ号と普通列車が停車する。
吊下式駅名標
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
名所案内。当麻鍾乳洞のカラーイラストが入る。
自立式の名所案内に入るイラストは白黒となっている。
また、イラストのないシンプルな名所案内も設置されている。
駅舎。鉄筋コンクリート製の駅舎となっている。
改札口。現在は無人駅となっているが、有人駅時代からの改札ラッチが残る。
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。
駅舎内には特産品販売所であるアグリステーション当麻が入居している。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。
跨線橋内の様子。朝の通勤通学時間帯には旭川方面へ向かう利用者が跨線橋内で列をなして並ぶ様子が見られる。
旭川方面ホームの上川寄りには古レールを利用したホーム屋根が設置されている。
ホーム屋根部分にはホーロー駅名標とのりば案内看板が設置されている。かつてはこの場所に国鉄時代からの駅名標が残っていたようだが、現在は撤去されてしまった。壁の茶色くなっている部分が撤去痕である。
のりば案内は手書きであると思われる。
駅舎横には手書きの通行禁止看板があるが、この看板は国鉄時代からのものと推測され、日本国有鉄道の文字が消された痕跡が確認できる。
このほか、駅構内には同様の通行禁止看板が設置されている。「日本国有鉄道」の文字がはっきりと解読できる。
別の通行禁止看板。看板の記載内容は薄くなりすっかり読み難くなっているが、「日本国有鉄道」の文字だけはっきり読むことができる。

—————————————
所在地:北海道上川郡当麻町
乗入路線
 石北本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください