滝川駅

函館本線・根室本線の駅、滝川の改札画像です。

駅名標。当駅は函館本線と根室本線が乗り入れ、根室本線は当駅が起点である。
光らないタイプの吊り下げ式駅名標も設置されている。当駅には特急カムイ・ライラック・オホーツク・宗谷の全列車が停車し、函館本線札幌ー旭川間における主要駅の1つとなっている。
根室本線単独の駅名標
当駅にはホーロー製の縦型駅名標も設置されている。
駅舎。近年駅前広場が整備された。
駅前広場整備前の駅舎(2014年9月撮影)。現在より駅前がスッキリしていることがわかる。
改札口。自動改札機が設置されているが、Kitaca等の交通系ICは使用不可となっている。
きっぷうりば。みどりの窓口があるほか、自動券売機が1台設置されている。
ホームは3面5線となっており、当駅始発・終着列車も多くなっている。特に、函館本線の普通列車は当駅を境に本数が変わり、旭川方面の本数は岩見沢方面の本数と比べ激減する。
当駅ホームにある自販機コーナーのイラストからはそこはかとなく国鉄の雰囲気が感じられる。
当駅には留置線が多数あり、駅構内は広くなっている。また、跨線橋が駅舎反対側に向かって伸びているが…
この跨線橋はJR社員専用の通路となっており、一般客の利用はできなくなっている。

—————————————
所在地:北海道滝川市
乗入路線
函館本線
根室本線

三川駅

室蘭本線の駅、三川の改札画像です。

駅名標。当駅を含む室蘭線の遠浅駅ー志文駅(除く追分駅)の各駅には駅番号が導入されていない。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。室蘭線の他駅と似たデザインとなっており、当駅の屋根は茶色となっている。
駅舎に掲げられた1種駅名標からはそこはかとなく国鉄の趣が感じられる。
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。かつて窓口があった形跡が残るが、現在は無人駅となっている。
駅舎内の待合スペース
駅舎内部
ホームは相対式2面2線で、上下線ホームは千鳥配置となっている。
当駅には貨物ホームの跡と思われるホーム跡と引き込み線が残る。
岩見沢方面ホームへは跨線橋を渡って連絡する
ホーム端には線路横断禁止の看板が取り付けられており…
その傍らには木製の通行禁止看板が設置されている。

—————————————
所在地:北海道夕張郡由仁町
乗入路線
室蘭本線

幌糠駅

留萌本線の駅、幌糠の改札画像です。

駅名標。駅名標の隣駅表示「とうげした」がステッカー対応となっているが、これは、2006年まで当駅の隣に東幌糠駅があったためである。現在は利用者減少により廃止となっている。
駅舎。廃車体を転用したタイプの駅舎となっている。
駅舎内部は待合室となっている。無人駅のため改札口は存在せず、ホームへはダイレクトに行くことができる。
駅舎内部の様子
駅舎にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可

—————————————
所在地:北海道留萌市
乗入路線
留萌本線

砂川駅

函館本線の駅、砂川の改札画像です。

駅名標。吊り下げ式はLED式の最新タイプとなっている。当駅は特急カムイ・ライラックの全列車と、一部のオホーツク号が停車する、函館本線札幌ー旭川間の主要駅の1つである。
自立式駅名標
駅舎。洋館風デザインの、可愛らしい印象の駅舎となっている。
駅舎の横にはガラス張りの建物が建っているが…
これは、砂川市が設置した、当駅の東西自由通路である。
改札口。みどりの窓口設置の有人駅で、集改札業務を行う。当駅は、函館本線札幌ー旭川間の特急停車駅では、唯一の自動改札機非設置駅である。
きっぷうりば。みどりの窓口のほか、自動券売機が1台設置されている。
改札口付近の様子
駅舎内部。広々としており、待合スペースとなっている。
ホームは2面3線となっている。ホームの配置は、上下線が千鳥配置となった、道内でしばしば見られるスタイルとなっている。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されており…
ホーム屋根の柱に、ホーロー駅名標が大量に設置されている。

—————————————
所在地:北海道砂川市
乗入路線
函館本線

追分駅

室蘭本線と石勝線の駅、追分の改札画像です。

駅名標。当駅は石勝線と室蘭本線の接続駅であり、4方向に線路が伸びる。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
駅舎。国鉄時代からの交通の要衝としての風格が感じられる駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、集改札も行われるが、駅員は平日の日中のみの配置となっている。営業時間外は無人駅となる。
駅舎内部は待合室となっている。また、簡易型の自動券売機も設置されている。
駅舎内部。追分駅の古い写真が展示してあるスペースもある。
ホームは2面3線と、切り欠きホームが1線存在する。石勝線・室蘭本線ともに、当駅始発・終着列車となる普通列車が存在し、特に石勝線の当駅ー新夕張間は普通列車の本数が極端に少ないため、18きっぱー泣かせの区間の1つである。
切り欠きホームの4番線は岩見沢・新夕張方面ホームの岩見沢・新夕張寄りにあり、現在は使用されていないようである。
当駅構内の跨線橋は、内部の骨組みや雰囲気から歴史を感じさせる雰囲気が漂う。
当駅に停車する石勝線と室蘭本線の普通列車。両線の普通列車では日高線仕様の気動車が使用されることがしばしばある。
当駅に進入する特急スーパーおおぞら号。当駅には、特急おおぞら号の一部列車と、特急とかち号の全列車が停車する。
当駅改札付近に展示されているイラストは、エモい雰囲気が感じられる味のあるイラストとなっている。
また、改札口のホーム側には、「ご利用ありがとうございます お い わ け」と書かれた看板が設置されている。このような、国鉄時代から残ると思われるエモい看板が、当駅構内にはいくつかある。
ホームにあるのりかえ案内看板。スミ丸ゴシックが使用されており、バリバリ国鉄の看板と思われる。
駅構内に設置された出口案内看板。国鉄みが感じられる。
1番線の番線標
2番線の番線標
3番線の番線標
3番線・4番線の番線標。
駅長事務室の看板
改札外にある手洗所の看板。このように、当駅には看板マニア必見のもじ鉄案件が大量に存在する。
駅前広場にはD51の動輪が設置されている。ここ追分は、D51と関連が深いまちである。場所を駅から、少し離れた施設に目を向けてみよう。
当駅から車で5分、徒歩で15分程度の国道234号線沿いには「道の駅あびらD51ステーション」がある。2019年春に完成した新しい道の駅で、道の駅内には鉄道の拠点として発展した追分地区を紹介する鉄道資料館が併設されている。
併設資料館の入り口には、当駅のホーロー看板をモチーフとした看板も取り付けられている。
鉄道資料館内には、D51 320号機のほか、キハ183系車両が屋外展示されている。なお、屋外展示のキハ183は冬季の間シートで覆われるため見学ができない。
鉄道資料館内には、追分駅の古い駅名標、のりかえ看板が設置されており、看板マニアには必見である。

—————————————
所在地:北海道勇払郡安平町
乗入路線
室蘭本線
石勝線