南幌延駅

宗谷本線の駅、南幌延の改札画像です。

駅名標。当駅のかつての両端駅であった安牛駅、上幌延駅は利用者僅少により2021年春のダイヤ改正で廃止となってしまった。理由の1つとして、両駅と当駅の駅間距離が比較的短いため、当駅が利用可能であることが挙げられている。
駅舎。赤い三角屋根が特徴的で、近年改修が実施され外装が美しくなった。駅舎外壁には、当駅駅舎をモチーフとした幌延町キャラクター「ミナミほろりんさん」のステッカーが貼られている。
駅舎内部。当駅の外装改修時に内装もリニューアルされ、美しくなった。
他駅同様、駅舎内部には除雪器具が置かれている。
駅舎内部には「ミナミほろりんさん」のステッカーや当駅の写真等が飾られており、利用者は少ないながらも秘境駅である当駅が地域のシンボルとして地元住民・町から愛着を持って親しまれていることが伺える。
駅舎内部には木製のベンチが置かれており、グリーン座席指定と書かれている。恐らく日本で最も粗末なグリーン指定座席である。
駅舎はホームから若干離れた場所に建っている。
ホームから見た駅舎の様子
ホームは単式1面1線の棒線駅で行違い不可能である。北海道で比較的よく見られる板張りの短いホームである。

—————————————
所在地:北海道天塩郡幌延町
乗入路線
宗谷本線

北見駅

石北本線の駅、北見の改札画像です。

駅名標。オホーツク地方の中心都市であり、10万人を超える人口を擁する北見市の代表駅である。石北本線の主要駅でもあり、特別快速きたみ号の始発・終着駅であり、全ての特急列車も停車する。
LEDタイプの電照式駅名標も設置されている。
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。
当駅設置の名所案内。北見フラワーパラダイスのイラストが入っている。
駅舎。三角屋根が特徴的な横に長い駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、係員による集改札が行われる。当駅は列車別改札のため、列車到着の5〜10分前まで改札内に入ることはできない。
当駅には自動券売機が設置されており、通常の自動券売機が1台、クレジットカード専用の指定席券売機が1台設置されている。
当駅にはみどりの窓口が設けられている。
駅舎内部には待合室のほか、売店「北海道四季彩館」が設けられている。
待合室内部の様子。利用者が多いためか広々とした空間となっている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違い・折り返しが可能である。
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっている。
駅構内には留置線が複数あり、比較的広い敷地を有する。
跨線橋付近には「右側通行」の木製手書き看板が残っていた。
また、改札外にあるコインロッカー付近には手書きと思われる看板が設置されていた。
当駅が立地する北見市はカーリングが盛んな街として知られており、2018年冬季五輪で話題となった「ロコ・ソラーレ」も北見を拠点としている。駅前にはカーリングのストーンをモチーフとした郵便ポストが設置されている。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線

雄信内駅

宗谷本線の駅、雄信内の改札画像です。

駅名標。かつては隣に上雄信内駅があったが、利用者僅少により2001年に廃止となったため、隣駅表示「ぬかなん」がステッカー貼りとなっている。当駅も廃止が検討されたが、「宗谷本線の歴史を伝える国鉄型木造駅舎の希少性について考究が必要なこと」を理由に、2021年度より幌延町での維持管理に移行された。
当駅にはホーロー製の縦型駅名標が設置されている。
当駅のホーロー駅名標について、一部盗難にあったためか、ホーロー駅名標を模したデザインのプラスチック製「偽ホーロー」駅名標が設置されている。
駅舎。宗谷本線でも数少なくなった、国鉄時代からの木造駅舎が残っている。トタン屋根は腐食による錆びが酷くなってきているため、一部補修がなされている。
駅舎出入口付近の庇は重厚な造りとなっている
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。
駅舎内部にはかつての窓口跡が残る
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。冬季に使用される除雪機が駅舎内部に置かれている。
ホーム側から見た駅舎の様子
駅舎のホーム側出入口付近にある「JR雄信内駅」と書かれた縦型の駅名標が、当駅のレトロで味のある雰囲気にアクセントを加えている
駅舎ホーム側にはスノーカート置場がある。しかし、取材時は初夏であったためか、スノーカートと思われる物体は置かれていなかった。
ホームは相対式2面2線となっており、列車の行き違いが可能である。駅周辺はほぼ無人の集落となっており、野生動物の出没に注意が必要である。
2番線の名寄・旭川方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある

—————————————
所在地:北海道天塩郡幌延町
乗入路線
宗谷本線

西北見駅

石北本線の駅、西北見の改札画像です。

駅名標
駅名標
当駅にもホーロー縦型駅名標が設置されている。
駅入口。当駅には駅舎はなく、待合室とホームがあるのみの無人駅となっている。
待合室の様子。コンクリート造りの近代的なデザインとなっている。
待合室内部の様子。外壁に沿って弧を描くようにベンチが設置されている。
待合室外側にもベンチがあるが、屋根は設けられていない。
ホームは単式1面1線の棒線駅であり、列車の行き違いは不可能である。ホームは一部がコンクリート造り、一部が板張りとなっている。駅周辺は北見市郊外の住宅地である。

—————————————
所在地:北海道北見市
乗入路線
 石北本線

糠南駅

宗谷本線の駅、糠南の改札画像です。

駅名標。宗谷線におけるキング・オブ・秘境駅として名高く、オタク人気も非常に高い。利用者は僅少であるが、有志によるクリスマスパーティが毎年開かれており、「秘境駅等鉄道系資産によるまちおこしの象徴的存在であり民間有志による大規模イベントも開催されていること」を理由に、2021年度より幌延町の維持管理に移行している。
駅全景。原野の中に板張りホームと物置を転用した待合室のみが設置されている風景は宗谷線で1番の秘境駅との評価に相応しいものである。
当駅の名物がヨド物置「あぜくら」を転用した待合室である。この待合室は当駅の象徴となっており、幌延町ではこの待合室をモチーフとしたキャラクター「ぬかにゃん」も登場している。
待合室は木材で作られた土台の上に建てられている。
待合室内部の様子。物置転用のため非常に狭く、撮影難易度も高い。普段は利用者が平均1人以下のため問題ないが、クリスマスパーティの際や18きっぷシーズン等にオタクが複数名訪れると、全員が待合室内で待つことは極めて困難であると思われる。
ホームは単式1面1線の棒線駅で列車の行き違いは不可能である。
駅周辺の様子。駅周辺には牧場が1軒あるのみで、人家は皆無である。

—————————————
所在地:北海道天塩郡幌延町
乗入路線
宗谷本線