南郷駅

日南線の駅、南郷の改札画像です。 

駅名標。特急海幸・山幸をはじめとした日南線の一部列車は当駅を始発・終着とする。
駅舎。ベージュ色の外観が特徴的で、駅周辺の木々が南国情緒を感じさせる。
改札口
ホーム側から見た改札口の様子。
駅舎内部。南郷町観光協会委託の窓口があり乗車券の購入が可能である。改札口わきにはマンゴー駅と書かれた写真撮影コーナーが設けられている。
駅舎内部の待合スペース
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。1日数本ある当駅始発・終着列車は当駅に留置できないため、油津駅まで回送されているようである。
ホーム上にも待合スペースがある。

————————————— 
所在地:宮崎県日南市
乗入路線
日南線

東諫早駅

長崎本線の駅、東諫早の改札画像です。

駅名標。諫早市の花であるツクシシャクナゲの写真入りである。駅名標の下には「旅すればすてき…長崎路」とキャッチフレーズが書かれているが、これは当駅独自のもので、他駅では見られない。
駅入口。当駅には駅舎はなく、ホームのみの駅となっている。ホームは盛り土上の高い位置にあるため、階段を上る必要がある。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。自動券売機も未設置である。ホームへはダイレクトに行くことができる。
上り線側ホームである2番のりばのホーム入口付近には国鉄デザインの駅名標が設置されている。
上り線側の2番のりばへは構内踏切を渡って移動する。なお、当駅に停車する普通列車は、行違い等がない場合、原則として上下線ともに1番のりばから発着することが多いようである。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線

谷之口駅

日南線の駅、谷之口の改札画像です。 

駅名標。谷之口神楽のイラスト入りである。
駅入口。駅舎のない無人駅であり、ホームにはダイレクトに入ることができる。駅入口横にはソテツがあり南国情緒がある。
ホーム全景。ホームに入るには構内踏切を渡る必要がある
ホームは単式1面1線で行き違い不可。ホーム上に小さな待合室がある。
待合室の様子。ベンチと時刻表が設けられている。

————————————— 
所在地:宮崎県日南市
乗入路線
日南線

諫早駅

長崎本線・大村線・島原鉄道の駅、諫早の改札画像です。

JR長崎本線・大村線駅名標。当駅は長崎県第3の都市である諫早市の玄関口であり、長崎本線と大村線の接続駅である。
JR線の自立式駅名標。JR九州デザインであるが、吊り下げ式同様に名所・名物のイラストは入っていない。
駅舎。長崎新幹線建設に伴い近年新しい橋上駅舎に改築された。取材時は駅ビルの整備工事が行われていた。
改札口。SUGOCA等の交通系IC対応の自動改札機が設置されている。なお、交通系ICは長崎本線長崎方面、および大村線当駅ー竹松間でのみ使用できる。長崎本線の東諫早駅以遠および大村線松原駅以遠では使用できないため注意。
駅舎内部。自由通路となっており、ミスド・ファミマ等の店舗が複数入居している。
自由通路の端にはベンチが複数置かれている。
待合室は改札内に小ぢんまりとしたものが設置されている。
JR線ホームは2面4線となっている。
当駅に進入するアルミ缶817系使用の、長崎本線の当駅止まり普通列車。当駅は長崎地区における主要駅であるため、長崎本線新線(市布経由)・旧線(長与経由)・大村線いずれも、当駅始発・終着となる列車が存在する。
当駅のホームからは、建設中の長崎新幹線ホームの様子も見ることができる。当駅では、長崎新幹線は地上駅となるようである。
島原鉄道駅名標。島原鉄道は当駅を起点とし、島原半島東海岸の海岸線に沿うように走り、島原港駅に至る非電化の路線である。駅名標は、路線図や社章・マスコットキャラが入ったにぎやかなデザインとなっている。
島原鉄道の駅は、JR線と同じ橋上駅舎内に入居している。改札は分かれているものの、乗り換え自体は屋根の下で荒天時にも濡れずに乗り換えができる。
島原鉄道改札口。有人駅であり、券売機および窓口で切符の購入が可能である。
島原鉄道ホームは単式1面1線の棒線駅となっている。横にあるホームはJR線のホームである。
島原鉄道は日本初の蒸気機関車が走った路線として知られており、ホームにはそのことを示す看板がJR線ホームからも見えるように設置されている。

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線
大村線
島原鉄道

榎原駅

日南線の駅、榎原の改札画像です。 

駅名標。「榎原」と書いて「よわら」と読む難読駅名である。駅名標にイラストは入っていない。
当駅には国鉄時代から残るものと思われる駅名標が残る。隣駅表示は本来「ひゅうがおおつか」であるところが「ひゆぅがおおつか」となっている。
ホームに設置された名所案内は趣ある雰囲気が漂う
駅舎。三角屋根が特徴的な木造駅舎の横にはソテツが植えられており、レトロ感と南国情緒が漂う。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
ホーム側から見た改札口後の様子。かつてのラッチ跡が残り、集札箱が置かれている。国鉄駅名標は改札口跡の横にある。
改札口跡付近には「おつかれさまでした」と書かれた木製の手書き看板が取り付けられている
駅舎内部の待合スペース。木製のベンチが趣を感じさせる。
駅舎内部の掲示板には「ひなもりよわら」というオリジナルキャラクターのポスターが貼られている。
駅舎内部。かつて窓口があったと思われる箇所は板で塞がれている。
当駅には駅ノートが設置されており、駅ノートにも「ひなもりよわら」が描かれている。
ホームから見た駅舎の様子。駅舎はホームより高い位置にあり、ホームには階段またはスロープを下りる必要がある。
駅舎からホームに伸びるスロープ。車椅子が通れるかどうかは不明である。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である
逆サイドからホームを望む。駅舎横のソテツが南国情緒を漂わせる
串間・志布志方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ワンマン列車用のミラーの下には「出発要求」と書かれた看板がある

————————————— 
所在地:宮崎県日南市
乗入路線
日南線