佐世保駅

佐世保線と松浦鉄道の駅、佐世保の改札画像です。

JR線駅名標。佐世保独楽と九十九島をイメージしたイラスト入りである。当駅は佐世保線の終着駅であり、長崎県第二の都市である佐世保市の代表駅である。
松浦鉄道駅名標。JR九州の駅名標と色違いで、海をモチーフとしたイラストが入っている。当駅は松浦鉄道西九州線の終着駅である。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。JR九州・松浦鉄道ともに、同じ駅舎となっている。
当駅はJR線の駅としては日本最西端の駅に当たり、当駅にはその旨を示す碑が建てられている。なお、2本のレールを使用する普通鉄道の駅では、当駅にも乗り入れる松浦鉄道のたびら平戸口駅が最西端であり、モノレールも含めれば、沖縄都市モノレールの那覇空港駅が最西端である。
JR線改札口。当駅には自動改札機が設置されているが、SUGOCA・nimoca等の交通系ICはJR線では使用できない。一方、松浦鉄道では、車内ICリーダー方式でnimoca等の交通系ICが使用できる。
きっぷ売り場。自動券売機があるほか、みどりの窓口が設けられている。
駅舎内部。駅ビル「えきマチ1丁目佐世保」となっており、テナントとしてエレナ(スーパーマーケット)などが入居している。
改札内コンコース
改札内コンコースには、佐世保名物の1つである佐世保バーガーを販売する店舗が入居している。
JR線ホームは3面6線であり、構内はかなり広くなっている。
1番のりばは頭端式ホームとなっている。
1・2番のりばのホーム上には、松浦鉄道のりばへの中間改札が設けられている。
松浦鉄道ホームは頭端式1面2線となっている。
1番・2番のりばいずれも、線路は当駅で行き止まりとなっている。
ホーム上には待合スペースが設けられている。
松浦鉄道ホームからJR線ホーム方向を望む。階段を降りるとダイレクトに外へ出ることができる。改札口は特に設けられていない。そのため、階段わきには自動券売機が置かれており、松浦鉄道の乗車券が購入できる。
松浦鉄道のホームへと直接通じる入口。JR線改札と向かい合うような位置にあり、階段・エスカレーターを上がると松浦鉄道ホームへダイレクトに行くことができる。
松浦鉄道からJR線へ乗り換える際は、松浦鉄道ホームからまっすぐ進んだ先にある中間改札を通る必要がある。
松浦鉄道には、鉄道むすめ「西浦ありさ」がおり、駅構内でポスターなどを見ることができる。
駅西口側を出ると、すぐ近くに港があり、軍港・港湾の街として栄えた佐世保市の歴史を垣間見ることができる。

—————————————
所在地:長崎県佐世保市
乗入路線
佐世保線
大村線)
西九州線

田主丸駅

久大本線の駅、田主丸の改札画像です。

駅名標。当駅には特急ゆふ号が停車する。駅名標には田主丸が開植の地として知られる特産品の巨峰と河童伝説にちなんだ河童のイラストが入る。
手書きタイプの駅名標も設置されているが、表面が劣化している。
手書きの名所案内看板も設置されている。
駅舎。河童伝説にちなみ河童の形をした特徴的な駅舎は、浮羽工業高校の生徒がデザインしたものである。
改札口。有人駅となっている。
当駅には自動券売機のほか、田主丸観光協会受託の窓口が設けられている。
駅舎内部には待合室が設けられている。
駅舎内にはカフェが入居している。
カフェ内には当駅の旧駅舎で使用していたと思われる駅名標が保存されている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは相対式2面2線となっており列車の行き違いが可能である。ホームに沿って桜の木が植えられており春には美しい花を咲かせる。
跨線橋から俯瞰したホームの様子
ホーム上には河童像が設置されている。

—————————————
所在地:福岡県久留米市
乗入路線
久大本線

諏訪駅

大村線の駅、諏訪の改札画像です。

駅名標。近年設置された比較的新しいものであり、名所・名物のイラストはない。
2021年春設置の新デザイン駅名標。「天正遣欧少年使節顕彰之像」と「ガラスの砂浜」がデザインされている。シンボルマークは当駅付近に所在する「本経寺」となっている。
駅舎。小ぢんまりとした簡易型の駅舎となっている。
ホーム入り口。無人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
自動券売機はホームの出入口付近に設置されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可である。ホーム横は長崎新幹線が通る予定となっており、取材時は工事が行われていた。当駅は長崎新幹線の高架橋に支障するため、線路およびホームの移設が行われた。
建設中の長崎新幹線の様子。長崎本線が諫早から鹿島を経由し肥前山口に至るのに対し、長崎新幹線は諫早から大村・嬉野を経由し武雄温泉に至る。大村市内には「新大村駅(仮称)」が当駅ー竹松間の大村線隣接地に建設予定であり、大村線にも新駅が設けられる予定となっている。

—————————————
所在地:長崎県大村市
乗入路線
大村線

日宇駅

佐世保線の駅、日宇の改札画像です。

駅名標。佐世保市の木であるハナミズキの花のイラスト入りである。
駅舎。鉄筋コンクリート造りと思われる簡易的な駅舎となっている。
駅舎内部は待合室となっている。
待合室内には自動券売機が設置されており、自動券売機の横には…
「JR日本最西端から二番目 日宇驛」と書かれた竹製の碑が設置されている。
駅舎からホームへは地下通路を渡って連絡する。
ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能である。ホームの幅は比較的狭い。
ホームの屋根下には乗り場案内看板が設置されている

—————————————
所在地:長崎県佐世保市
乗入路線
佐世保線
大村線)

筑後吉井駅

久大本線の駅、筑後吉井の改札画像です。

手書きの自立駅名標、イラストは入っていない。当駅はうきは市の中心駅であり、特急「ゆふいんの森」「ゆふ」号の全列車が停車する。
新しいタイプの自立式駅名標も設置されている。
国鉄風の駅名標も設置されているが、隣のうきは駅は1990年に筑後千石駅から改称されたため、JR化後に設置されたものである。なお、駅名標の箱自体は国鉄時代のものが流用されている可能性がある。
手書きっぽいの名所案内看板が残るが、経年劣化により塗装が剥がれつつある。
駅舎。開業当時から残ると思われる木造駅舎となっている。
駅舎には国鉄時代からのものと思われる駅名標が取り付けられている。
改札口。当駅は有人駅となっている。
当駅には窓口があるほか、簡易型の自動券売機が設置されている。
駅舎内部は待合室となっている。
ホーム側から見た駅舎の様子
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いが可能である。
ホーム上には久留米方面ゆきのりばの手書き看板が残る。
ホーム下には手書きでのりば案内が書かれている。
また、ホーム下には横断厳禁とも書かれている。
駅舎前には池の跡が残っている。

—————————————
所在地:福岡県うきは市
乗入路線
久大本線