喜々津駅

長崎本線の駅、喜々津の改札画像です。

JR九州デザインの自立式駅名標。名物のイラストは入っていない。当駅は長崎本線の新線(市布経由)と旧線(長与経由)の分岐駅である。市布経由の新線は特急かもめが通ることもあり電化されているが、長与経由の旧線はトンネル断面が小さいこともあり、非電化となっている。
国鉄時代から残ると思われる自立式駅名標。当駅ー浦上間は新線(市布経由)と旧線(長与経由)で経由地が異なるため、長崎地区各駅の発車案内では市布経由佐世保行き、といったように経由地も含めて案内される。
駅舎に取り付けられた、水戸岡デザインの駅名標。水戸岡デザインの駅名標は量産型となっており、駅名だけを変えたものが他の駅にも設置されている。
駅舎。当駅の駅舎は開業当時からのものと思われる木造駅舎となっている。
改札口。有人駅となっており、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機があるほか、みどりの窓口も設けられている。
駅舎内部は待合室となっており、木製のベンチが設置されている。
ホームは2面3線となっており、列車の行き違いおよび折り返しが可能である。一部の列車は当駅始発・終着となる。また、当駅から諫早方面は複線区間であるが、長崎方面は新線(市布経由)・旧線(長与経由)とも単線となる。
1番のりばには国鉄時代より残ると思われる行灯タイプの番線標がある

—————————————
所在地:長崎県諫早市
乗入路線
長崎本線
長崎本線(長与支線)

浦上駅

長崎本線の駅、浦上の改札画像です。

駅名標。当駅は長崎本線新線と旧線の分岐駅であり、特急かもめ号を含む全列車が当駅に停車する。旅客案内上、新線は市布経由、旧線は長与経由と案内されることが多い。
地上駅舎。長崎本線の高架化に伴い仮駅舎となっていた。2020年3月28日より高架化に伴い新しい高架駅舎が使用開始され、仮駅舎は役目を終えた。
仮駅舎時代の改札口。有人駅であり、SUGOCA等の交通系IC専用簡易改札機が設置されていた。利用者が比較的多いため、簡易改札機は入場・出場とも2台設置されている。
仮駅舎時代の切符売り場の様子。自動券売機があるほか、みどりの窓口も設置されていた。
仮駅舎時代のホームは島式1面2線であった。かつては相対式ホームを有していたが、高架化に伴う仮駅舎化によって島式となった。当駅ー長崎間は複線区間であるが、当駅から諫早方面は、新線(市布経由)、旧線(長与経由)ともに単線となる。
仮駅舎時代の地上ホームから望む新駅舎。
取材時、引退が迫るキハ66型車両と新駅舎のコラボレーションを見ることができた。

—————————————
所在地:長崎県長崎市
乗入路線
長崎本線
長崎本線(長与支線)

長崎本線の駅 一覧

長崎本線
鳥栖新鳥栖 – 肥前麓 – 中原 – 吉野ケ里公園 – 神埼 – 伊賀屋 – 佐賀 – 鍋島 – (臨)バルーンさが – 久保田 – 牛津 – 肥前山口 – 肥前白石 – 肥前竜王 – 肥前鹿島 – 肥前浜 – 肥前七浦 – 肥前飯田 – 多良 – 肥前大浦 – 小長井 – 長里 – 湯江 – 小江肥前長田東諫早諫早西諫早喜々津市布肥前古賀現川浦上長崎

長崎本線(長与支線)
喜々津 – 東園 – 大草 – 本川内 – 長与 – 高田 – 道ノ尾 – 西浦上 – 浦上