近鉄四日市駅

近鉄名古屋線・湯の山線の駅、近鉄四日市の改札画像です。

名古屋線駅名標。当駅は三重県下最大の人口を擁する四日市市の市街地中心部に位置しており、四日市市の玄関口として機能している。名古屋と大阪・伊勢志摩を結ぶ特急列車の一部が当駅に停車する。
湯の山線駅名標。湯の山線は当駅を起点としている。
駅舎。高架駅となっており、高架下に駅舎がある。
近鉄百貨店四日市店が当駅に隣接しており、近鉄百貨店が実質的な駅ビルとなっている。同じく四日市市内にあるJR四日市駅と比べると当駅の方が圧倒的に規模が大きく、三重県における近鉄とJRとの力関係が垣間見える。
近鉄百貨店の1F部分にも駅入口が設けられている。
北改札口。当駅は三重県内の鉄道駅としては最多の利用客数を誇り、東海地方全体でも上位に位置する。

南改札口。四日市市には近鉄のほかJR関西本線も通っているものの、近鉄の利用者の方が圧倒的に多く、当駅の利用客数はJR関西本線四日市駅の約8倍となっている。
近年全国的に撤去が進むパタパタ式発車標であるが、当駅取材時に現役で稼働する姿を見ることができた。なお、近鉄は比較的パタパタ式発車標が多く残っている鉄道会社の1つであり、他駅でも残存例が比較的多い。

 ————————————— 
所在地:三重県四日市市
所属路線
近鉄名古屋線
近鉄湯の山線 

近鉄名古屋駅

名古屋から伊勢志摩方面への玄関口、近鉄名古屋の改札画像です。

近鉄線駅名標。駅番号が大きく表示されている。
駅番号導入前の駅名標
近鉄正面改札(地上)。近鉄百貨店の1Fにあり、他線への乗り換えには不向き。
近鉄線地下改札。近鉄線から地下鉄線等への乗り換えは当改札が便利。
JR在来線新幹線連絡改札口。近鉄電車⇔JR線・新幹線の乗り換えは当改札を利用する。
名鉄線連絡改札。近鉄電車⇔名鉄線の乗り換えは当改札を利用する。

————————————————–
所在地:名古屋市中村区
乗入路線
 近鉄名古屋線

箕田駅

近鉄名古屋線の駅、箕田の改札画像です。

駅名標
駅番号「E28」が付番されている。(Eは名古屋線を示す)
箕田駅名

○駅舎
箕田駅舎

○改札口
無人駅となっている。係員に用事がある際は、備え付けのインターホンを使用しよう。
箕田改札

○ホーム
相対式2面2線となっている。当駅にも構内踏切がある。
箕田ホーム 
————————————— 
所在地:三重県鈴鹿市
所属路線
近鉄名古屋線

 

長太ノ浦駅

近鉄名古屋線の駅、長太ノ浦の改札画像です。

駅名標
「長太ノ浦」と書いて「なごのうら」と読む初見殺し駅名。
駅番号「E27」が付番されている。(Eは名古屋線を示す)長太ノ浦駅名

○駅舎
長太ノ浦駅舎

○改札口
当駅は無人駅となっている。係員に用事がある際は、インターホンを使用しよう。
長太ノ浦改札
 
駅舎内には、改札機・券売機・精算機・インターホンのみが設置されている。 
長太ノ浦駅舎内部

○ホーム
相対式2面2線のホーム。名古屋線の多くの駅と同様に構内踏切がある。
長太ノ浦構内踏切

 ————————————— 
所在地:三重県鈴鹿市
所属路線
近鉄名古屋線


 

楠駅

近鉄名古屋線の駅、楠の改札画像です。

駅名標
駅番号「E26」が付番されている。(Eは名古屋線を示す)楠駅名

○駅舎
楠駅舎

○改札口
名古屋線の普通列車のみ停車する駅としては珍しく、当駅は有人駅となっている。
楠改札

○ホーム
改札口よりホームへ至る通路。当駅には構内踏切がない。
そのため、名古屋方面ホームへは地下連絡通路を通りアプローチする。
楠通路

当駅のホームは相対式2面4線となっている。ホームは待避線にのみ存在する。
当駅を通過する急行・特急列車は、真ん中の通過線を走行する。
楠ホーム

○スロープ専用出口(四日市・名古屋方面ホーム)
当駅には構内踏切がないため、名古屋方面ホームへは必ず階段を通る必要がある。
また、当駅にはエレベーターもないため、名古屋方面ホームを利用する
車椅子利用者に配慮し、名古屋方面ホームにのみスロープ専用出口が設けられている。
楠スロープ

 ————————————— 
所在地:三重県四日市市
所属路線
近鉄名古屋線