羽後本荘駅

羽越本線と由利高原鉄道の駅、羽後本荘の改札画像です。

羽越本線駅名標。4ヶ国語対応の光らない駅名標が設置されている。当駅には特急いなほ号も停車するほか、当駅始発・終着となる普通列車が存在する。
4ヶ国語非対応のLED駅名標も残っていた。
由利高原鉄道駅名標。由利高原鉄道は旧国鉄矢島線を引き継いで運営している第三セクター鉄道であり、当駅が起点駅である。駅名標はJR東日本の駅名標に似たデザインとなっている。
駅舎。2021年に改築された新しい橋上駅舎となっている。
旧駅舎の様子(2013年春頃取材)
JR線改札口。自動改札機が設置されているが、Suicaは利用できない。
旧駅舎時代のJR改札口の様子(2013年春頃取材)
橋上駅舎の供用開始に伴いみどりの窓口は営業を終了し、現在は話せる指定席券売機と自動券売機が設置されている。
由利高原鉄道改札口。当駅はJR東日本と由利高原鉄道の共同使用駅であり両線は改札内で乗り換えが可能であるが、改札口は別々に設けられており、由利高原鉄道に乗車時は同線の改札口を使用する必要がある。
旧駅舎時代の由利高原鉄道改札口の様子(2013年春頃取材)
駅舎1Fには待合スペースには設けられている。
ホームは2面4線となっており、3線を羽越本線が、1線を由利高原鉄道が使用する。

—————————————
所在地:秋田県由利本荘市
乗入路線
羽越本線
鳥海山ろく線

秋田駅

秋田新幹線・奥羽本線・羽越本線の駅、秋田の改札画像です。

秋田新幹線駅名標。当駅は秋田新幹線の終着駅であり、全ての列車が当駅を始発・終着とする。なお、秋田新幹線は奥羽本線の一部と田沢湖線を走行する「ミニ新幹線」であり、正式には在来線の扱いである。
奥羽本線・羽越本線駅名標。当駅は羽越本線の終着駅である。また、奥羽本線の追分駅で分岐する男鹿線の列車も全列車が当駅まで乗り入れる。秋田県の県庁所在地である秋田市の玄関口であり、東北地方日本海側の各都市を連絡する特急「つがる」号および「いなほ」号は当駅を始発・終着とする。
駅舎。橋上駅舎となっている。
駅舎に隣接して駅ビル「Topico(トピコ)」が設けられている。
中央改札口。在来線改札口と新幹線改札口が並んで設置されている。
在来線改札口。自動改札機が設置されているが、Suica等の交通系ICは利用できない。なお、2023年春を目処にSuicaが利用可能となる見込みである。
新幹線改札口。自動改札機が設置されている。
新幹線乗り換え改札口。秋田新幹線と奥羽本線・羽越本線・男鹿線を乗り継ぐ際に利用する。
7・8番線乗り換え改札口。秋田新幹線ホームから直結する乗り換え改札口であり、在来線7・8番線ホームへダイレクトに行くことができる。
トピコ口改札。駅ビル「トピコ」へダイレクトに行くことができる。
メトロポリタン口改札。ホテルメトロポリタン方面へダイレクトに行くことができる。
秋田新幹線ホームは島式1面2線となっている。7・8番線ホームの福島・新津寄りを転用して造られた経緯をもつ。
秋田新幹線の線路は当駅で行き止まりとなっている。
奥羽本線・羽越本線ホームは4面8線となっている。
自由通路内部の様子。店舗が複数入居している。
自由通路内には秋田を代表する夏祭りである「竿燈まつり」で使用される竿燈やなまはげのお面が展示されている。
また、秋田犬の像も設置されている。この像は空気によって膨らましているものと思われ、早朝・深夜は空気が抜かれしぼんだ状態となる。

—————————————
所在地:秋田県秋田市
乗入路線
 秋田新幹線
奥羽本線
男鹿線(男鹿なまはげライン))
羽越本線