町屋駅

京成本線と地下鉄千代田線の駅、町屋の改札画像です。

京成線駅名標。当駅は東京メトロ千代田線・都電荒川線との乗り換え駅であるが、京成線は普通電車のみが停車し、快速、特急等の優等列車は通過となる。
京成線駅舎。京成線の駅は高架駅となっており、駅入口や改札口は高架下にある。
京成線改札口。改札口は1箇所のみである。
京成線ホームは島式1面2線。ホームが比較的狭いため通過列車に注意したい。
京成線の駅と東京メトロの駅はすぐ近くにある。
東京メトロ千代田線駅名標。当駅は京成線・都電荒川線との乗り換え駅である。
千代田線駅入口。当駅は地下駅であり、ホームや改札口は地下にある。
千代田線・町屋方面改札。当駅で最も綾瀬寄りにある改札口で、京成線や都電荒川線への乗り換えはこの改札口が最も便利である。
千代田線・エレベーター改札口。ホーム中間付近にある無人改札で、代々木上原方面ホームに通じている。綾瀬方面ホームへは通路を渡って連絡可能。
千代田線・荒川方面改札。代々木上原寄りにある改札で、町屋方面改札と比べると小ぢんまりとしている。京成線・都電荒川線への乗り換えは不便である。
都電荒川線のりば。都電荒川線ホームは相対式2面2線となっている。都電荒川線は車内精算のため、改札口は存在せず、ホームにダイレクトに入る構造である。

—————————————————
所在地:東京都荒川区
乗入路線
京成本線
東京メトロ千代田線
都電荒川線

代々木上原駅

小田急線と千代田線の駅、代々木上原の改札画像です。

小田急線駅名標。4ヶ国語対応となっている。当駅は千代田線との接続駅であるため、快速急行以下の無課金で乗れる全列車が停車する。課金が必要なロマンスカーは全列車が通過となる。小田急線は当駅ー登戸間が複々線区間である。
上原小田急
更新前の旧デザイン小田急線駅名標。4ヶ国語のうち、日本語・英語以外では中国語には対応していないが朝鮮語に対応していた。

千代田線駅名標。当駅は東京メトロ千代田線の始発駅。一部列車が小田急線伊勢原まで直通運転を行う。当駅は小田急管轄のため、駅名標はメトロ仕様ではなく小田急の色違いとなっている。
上原千代田
更新前の旧デザイン千代田線駅名標。小田急の色違いであることは旧デザイン時代も同じであった。
駅舎。高架駅となっている。当駅は傾斜地に建っており、北口側が南口側より低い位置にあるほか、駅入口からホームまでの高さも高くなっている。駅周辺は高級住宅街であるほかグルメタウンとしても知られ、小洒落た飲食店が多数立ち並ぶ。
改札口。小田急線と千代田線は改札内で乗換可能なため、当駅の改札口はここ1箇所のみである。当駅は小田急管轄のため改札機は小田急仕様。なお、小田急・メトロともに当駅の乗車人員は当駅で実際に改札を出入りした人数に加えて、直通列車の利用客数を含んでいる。そのため、統計上の乗車人員の数と比べると改札機の台数は少なくなっている。
駅舎内部・改札口周辺の様子
当駅のホーム高架下は駅ビル「アコルデ代々木上原」となっている
駅ビル「アコルデ代々木上原」の様子
ホームは2面4線。内側2線を千代田線が、外側2線を小田急線が使用する。千代田線と小田急線を直通する列車は内側のホームから発着する。
千代田線が使用する3番ホームの発車標がメトロ仕様となっているのに対し、小田急線が使用する4番ホームの発車標は小田急仕様となっていることがわかる
当駅から新宿方面を望む。外側2線が小田急線・内側2線が千代田線。両線は隣の代々木八幡・代々木公園駅の近くまで仲良く並んで走行する。
当駅付近の車窓からは西新宿の高層ビル群を間近に望むことができる。

—————————————
所在地:東京都渋谷区
乗入路線
小田急小田原線
 東京メトロ千代田線

淡路町駅/小川町駅/新御茶ノ水駅

丸ノ内線の淡路町駅、都営新宿線の小川町駅、千代田線の新御茶ノ水駅の3駅は、
駅名が異なるが相互に連絡通路で繋がっており、一体化している。

【淡路町駅】


○須田町方面改札
荻窪方面ホームに隣接する改札。改札前の階段を下りると都営新宿線の改札がある。
淡路小川M線須田町方面改札

○淡路町方面改札
池袋方面ホームに隣接する改札。向かい側に都営新宿線の改札がある。
淡路小川M線小川町方面改札

【小川町駅】

○須田町方面改札
本八幡寄りにある改札。丸ノ内線荻窪方面へは当改札が便利。
淡路小川S線須田町改札
○淡路町方面改札
丸ノ内線池袋方面へは当改札が便利。
淡路小川S線M線向側改札

○小川町方面改札
最も新宿寄りにある改札。千代田線新御茶ノ水駅へは当改札が便利。
淡路小川S線小川町方面改札有人側

淡路小川S線小川町方面改札

【新御茶ノ水駅】
自動改札機未更新につき、未取材。取材次第掲載予定。
—————————————
所在地:東京都千代田区
乗入路線
東京メトロ丸ノ内線
都営新宿線
東京メトロ千代田線

のりかえ

日比谷駅

日比谷公園最寄り駅、日比谷の改札画像です。

○駅名標
当駅には、日比谷線・千代田線・都営三田線の3路線が乗り入れる。

○駅入り口
日比谷駅入り口

○日比谷線有楽町方面改札
北千住寄りにあり、JR有楽町駅方面へ最も近い改札。
中目黒方面と北千住方面で改札が異なる。
日比谷H線有楽町方面中目

日比谷H線有楽町方面改札千住

○日比谷線日比谷公園方面改札
中目黒寄りにある改札。日比谷公園と三田線改札に近い。
日比谷線⇔千代田線は改札内乗り換え可能で、
日比谷線ホームの中目黒寄りに連絡通路がある。
日比谷H線日比谷公園方面改札

○千代田線日比谷交差点方面改札
綾瀬寄りにある改札。日比谷公園と三田線改札に近い。
千代田線⇔日比谷線は改札内乗り換え可能で、
千代田線ホームの綾瀬寄りに連絡通路がある。
日比谷C線日比谷交差点方面改札小屋

日比谷C線日比谷交差点方面改札無人

○千代田線内幸町方面改札
代々木上原寄りにある改札。日比谷公園噴水広場方面と内幸町方面が近い。
日比谷C線内幸町方面改札

○三田線日比谷公園方面改札
目黒寄りにある改札。日比谷線・千代田線の乗り換えと日比谷公園に近い。
日比谷三田目黒寄り

○三田線東京国際フォーラム方面改札
ホーム真ん中にある改札。有楽町線有楽町駅への乗り換えに便利。
JR有楽町駅まで地下通路が伸びており、雨に濡れずに移動できる。
日比谷三田真ん中

○三田線皇居外苑方面改札
高島平寄りにある改札。5:00〜23:00のみ営業。
日比谷三田高島平寄り

以前使用していたと思われる有人改札ラッチが今も残っている。
日比谷三田高島平拉致

のりかえ
→有楽町駅
—————————————
所在地:東京都千代田区
乗入路線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
都営三田線


原宿駅

明治神宮の最寄り駅、原宿の改札画像です。

駅名標。駅番号・4ヶ国語表示に対応した駅名標となっている。当駅は東京都内有数のファッションストリートである原宿・竹下通り・表参道のJRにおける最寄駅である。
細長いタイプの駅名標も設置されている
駅舎。2020年春に供用開始された、ガラス張りのデザインが特徴的な橋上駅舎となっている。
表参道改札。有人改札はオープンカウンター式となっている。東京メトロ千代田線・副都心線への乗り換え、明治神宮・代々木公園・表参道方面へは当改札利用が便利である。
駅舎内部は広々とした空間となっており、買い物客で賑わう休日でも大量の利用客を捌くことができる。
駅舎内部の様子。NewDaysが入居している。また、駅舎3Fには猿田彦珈琲が入居している。
表参道駅舎きっぷ売り場の様子。当駅には指定席券売機が設置されているが、みどりの窓口は設けられていない。
改札内通路の様子。新宿・池袋方面ホームへは改札口から比較的近い位置にエスカレーターがあるが、渋谷・品川方面ホームへは連絡通路を少し歩く必要がある。
改札内から改札口を望む。自動券売機が3台設置されている。
旧表参道駅舎。東京23区最古の木造駅舎であったが、耐震・耐火基準を満たさないこと、駅利用者数に比べ駅舎が手狭で混雑しやすいことを理由に、新橋上駅舎へ改築がなされた。旧駅舎跡地には旧駅舎を模したデザインの建物が建てられる予定である。
旧駅舎時代の表参道口改札の様子。現駅舎と比べると改札や通路が手狭であることが伺える。
旧駅舎時代の表参道口改札の様子。現駅舎と比べると改札や通路が手狭であることが伺える。 
竹下口駅舎。表参道口駅舎は改築がなされたが、竹下口は改築されていない。
竹下口改札。中高生の買い物客でにぎわう「竹下通り」の入口目の前に位置している。
ホームは相対式2面2線となっている。かつては島式1面2線構造であったが、表参道口の新駅舎開業に伴い、新宿・池袋方面専用の新ホームが設置され、従来の島式ホームは渋谷・品川方面専用となった。
 —————————————
所在地:東京都渋谷区
乗入路線
山手線