下立駅

富山地方鉄道本線の駅、下立の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅全景。無人駅となっており、ホームと待合室があるのみである。当駅周辺は黒部市宇奈月町の中心部となっている。
待合室。エメラルドグリーンの外観が特徴的である。
待合室内部
待合室にはホーロー製の縦型駅名標が残っている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
また、ホームの宇奈月温泉方面にも階段があるが…
これは当駅に隣接する広場にある公衆トイレへアクセスしやすくするために設けられたものであると思われる。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

下立口駅

富山地方鉄道本線の駅、下立口の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号ステッカーが貼られている。他駅とは駅名標のデザインが異なる。
駅番号導入前の駅名標
駅全景。ホームと待合室があるのみの無人駅である。
待合室。小屋のような小ぢんまりとした建物である
待合室内部。設置されているベンチは木製で歴史が感じられる造りである
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

浦山駅

富山地方鉄道本線の駅、浦山の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。歴史と趣が感じられる木造駅舎となっている。
駅舎入口に掲げられた「浦山駅」の駅名表記も趣が感じられる
改札口跡。現在は無人駅であり改札口は存在しない。
駅舎内部は待合室となっている。
駅舎内部。古い駅舎ではあるがきちんと手入れされ大切に使用されている印象を受ける。
ホームから見た駅舎の様子。レトロな雰囲気が漂う地鉄電車における名駅舎の1つである。また、駅舎わきには架線柱が建っているが…
この架線柱には「大正十五、六」との表示がある。本当に大正15年6月に建てられたものであるかは不明であるが、大正15年6月に建てられたとすれば100年近く前に建てられた架線柱ということとなる。
駅舎からホームへは構内踏切を渡って移動する
ホームは島式1面2線で列車の行き違いが可能。かつては特急停車駅であったが現在は普通電車のみが停車する。
また、ホーム跡と思われる石積みの構造物が線路わきにみられる。
ホーム上にある待合室もまた、駅舎同様レトロで趣ある雰囲気が漂う。
待合室にはホーロー製の乗り場案内が設置されている。
また、一部が欠けてしまってはいるもののホーロー製の縦型駅名標も残っている。
ホーム上の待合室内部。駅舎同様きちんと手入れされ大切に使用されていることが伺える。
かつては駅舎の反対側からホームへと直接行けたが、現在は使用不可能となっている。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

栃屋駅

富山地方鉄道本線の駅、栃屋の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅全景。ホームと待合室があるのみの無人駅で、ホームへはダイレクトに行くことができる。
待合室内部。ベンチと時刻表があるほか、なぜか熱帯魚が飼育されている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。当駅周辺には集落がちらほら見られる以外は田園風景が広がる。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

若栗駅

富山地方鉄道本線の駅、若栗の改札画像です。

駅名標。夏季は草が伸びて一部が見え難くなる。2019年春に駅番号が導入された。
駅番号導入前の駅名標。冬季は草が枯れるためスッキリと見えやすくなる。
また、駅舎壁には鉄板の古い駅名標も残るが、駅名部分が剥げてしまっており見え難くなっている。
駅舎。駅前広場より少し高くなっており駅舎からスロープが伸びている。
当駅の駅舎は小屋のような小ぢんまりとした駅舎であるが、歴史が感じられる造りとなっている
駅舎内部。待合室となっており、無人駅であるため改札口は存在しない。本棚にはなぜかコロコロコミックが大量に置かれているのが特徴的である。
待合室内部、駅舎入口付近を望む。
当駅に設置されているベンチには明治チョコレートのホーロー看板が設置されており趣が感じられる
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。駅構内にはもう1本線路があるが、これはかつて使用されていた貨物側線の跡である。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線