荻生駅

富山地方鉄道本線の駅、荻生の改札画像です。

駅名標。2019年春に導入された駅番号はステッカーでの対応となっている。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。歴史を感じさせる木造駅舎は赤い屋根と黄緑色の壁が特徴的である。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
改札口付近には「定期券拝見」と書かれた木製の看板が残っていた。無論、現在は無人駅であるため定期券は運転士に車内で見せることとなる。
かつて窓口があったであろう場所は板で塞がれ、掲示板となっていた。
駅舎内部は待合室になっている。駅舎内は他の駅に比べ比較的狭い印象を受ける。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
駅舎のホーム側にはホーロー製の縦型駅名標も残っていた。
その他、かなり昔に設置されたと思われる看板も残っていた。
新駅舎工事中の様子。当駅を最寄とする桜井中学校と折立駅を最寄とする宇奈月中学校が統合し、新校舎が桜井中学校跡地に建設されることとなった。これにより、宇奈月地区からの生徒が当駅まで地鉄電車を利用して通学することとなり、駅利用者の増加が見込まれることから駅舎の改築がなされることとなった。
新駅舎のホームは旧駅舎とは反対側に設けられた。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

東三日市駅

富山地方鉄道本線の駅、東三日市の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが以前の駅名標にステッカーを貼り対応している。当駅周辺に「三日市駅」は無いが、当駅は「東」三日市駅である。これは、現在のあいの風鉄道黒部駅がかつて「三日市駅」と名乗っていたためであると思われる。
以前の駅名標
味のある書体が使用された昔の駅名標も残る。
駅舎、趣のある駅舎を有する。黒部市の中心市街地に近い為、かつては特急も停車していたが現在は停車しない。
駅舎。歴史と趣の感じられる駅舎が現在も使用されている。
駅舎に掲げられた駅名表記もまたエモい雰囲気が漂う。駅舎共々後世まで残したいものである。
改札口。当駅には平日の7:00〜8:30のみ係員が配置される。それ以外の日時は無人駅となる。かつてのラッチ跡が現在も残っている。
改札口には「定期券拝見」と書かれた木製の看板が残る
他駅にもある「途中下車はできませんから」看板。当駅にも残っており、レトロな雰囲気を漂わせている。
駅舎内部。かつて窓口があったと思われる箇所は板で塞がれている
駅舎内部の待合スペース。趣ある木製ベンチが多数設置され、座布団がおかれている光景はノスタルジーを感じさせる。
駅舎内に残る伝言板。伝言板の伝の字が傳になっている。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。黒部市中心部に近いためかつては特急も停車していたが現在は通過する
ホームには長〜い木製ベンチが設置されている
ホームには「降りる方がすんでからお乗りください」と書かれた木製の看板がある。
またホーロー製の縦型駅名標も残っている
ホームには勝手口が設けられている

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

電鉄黒部駅

富山地方鉄道本線の駅、電鉄黒部の改札画像です。

駅名標。2019年春に導入された駅番号は従来の駅名標にステッカーを貼り対応している。当駅は地鉄電車における運行拠点駅であり、当駅始発・終着列車が多数存在する。
以前の駅名標
駅舎。茶色い瓦屋根が特徴的な駅舎である。当駅周辺は黒部市の中心部にあたる。あいの風鉄道の黒部駅は徒歩15分程度離れている。
改札口。終日有人駅であり、IC専用自動改札機が設置されている。
窓口近辺。主要駅ということもあり、自動券売機も設置されている。
自動券売機の上には手書きの運賃表が掲げられている。
改札口付近に掲げられた「駅長室」のプレートが趣を感じさせる
駅舎内部。旅行パンフレットが多数置かれた旅行窓口があるが、営業しているかどうかは不明である。
駅舎内部。待合室および自動券売機が設置されている。
待合室内部。利用者が比較的多いため列車到着前は列車を待つ乗客の姿がちらほらみられる。取材時は列車発車直後であったため無人であった。
待合室の様子
待合室内にはお忘れ物を記入する黒板が設置されている。現在も使用されているかは不明である。
駅舎からホームへは構内踏切を渡り移動する。
ホームは3面3線。線路とホームが交互に並ぶ変則的な構造となっている。両側にホームがある場合でも扉は片側のみが開くようである。
ホームの宇奈月温泉寄りには屋根が無いが、電鉄富山寄りには屋根がある。
歴史が感じられるホームの屋根は複雑な骨組みとなっている。
当駅は地鉄電車における主要駅であるため駅構内も比較的広くなっている。事業用車両が留置されているほか、車庫と思われる建物もある。
3面3線あるホームのうち改札から一番遠い1面1線は現在使用されておらず通路は行き止まりになっている。
現在使用されていないホームの入り口付近には車両の部品と思われるものが置かれている。

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

電鉄石田駅

富山地方鉄道本線の駅、電鉄石田の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが、従来の駅名標にステッカーを貼り対応している。
駅番号導入前の駅名標。経年に伴い塗装や文字部分が劣化している。
駅舎。三角屋根が特徴的な駅舎は歴史と趣を感じさせる。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
かつて窓口があったと思われる箇所は板で塞がれている。また、いつ行われたか不明のサーカスの興行広告も窓口塞ぎに利用されている。
駅舎内の待合スペース
駅舎からホームへの通路
黒部・宇奈月温泉ホーム入口付近。エモさが感じられる
ホーロー製と思われる乗り場案内も残り、「電鉄黒部」の表記が目隠しの上に書かれている。電鉄黒部駅は1989年まで電鉄桜井駅であったため、目隠しの下には電鉄桜井の表記が残っているものと思われる。
魚津・上市・富山方面ホーム入口にも金属製の乗り場案内が残るが、表示がかなり消えかけてしまっている。
ホーム屋根の柱部分にはホーロー製の縦型駅名標も残っている。
その他、ホーム待合所付近にも歴史を感じさせる看板が残っている。
ホームは相対式2面2線で行き違い可能である。
魚津・上市・富山方面ホームへは構内踏切を渡る必要がある。
ホームから望む構内踏切

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

経田駅

富山地方鉄道本線の駅、経田の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入されたが従来の駅名標にステッカーを貼り対応している。
駅番号導入前の駅名標。英語表記を書き換えた跡が残っている。
駅舎。重厚な瓦屋根の木造駅舎が残る。当駅の駅舎は開業当時のものではなく、1940年に富山電気鉄道石田港線の石田港駅を移築したものである。
改札口。かつての改札跡が残る。また付近に高校がある為、平日の7:00~8:30までは駅員が配置される。
駅舎内部。かつて窓口であったと思われる場所は板で塞がれている。
駅舎内の待合スペース。座布団の置かれた木製のベンチが趣を感じされる。
改札口付近にはエモい看板がいくつかある。駅舎内には木製の「お願い」看板とホーロー製と思われる「途中下車できませんから」看板があり…
駅舎の改札内には木製の「定期券拝見」看板が残る。
また、ホーロー製の縦型駅名標も一部のみであるが残っている。これらの看板は地鉄電車の木造駅舎残存駅で比較的よく見ることができる。
ホーム側から見た駅舎の様子。非常に趣ある雰囲気が漂う魅力的な駅舎である。
ホームへは階段を上がってアプローチする。
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。
ホーム上の待合所は水色に塗装されており非常に特徴的である。
待合所もまた、歴史を感じられる造りとなっており…
木製のベンチに座って電車を待つことができる。
駅前にはトイレがあるが、こちらは駅舎とは対照的に近年建てられたものとなっている。

—————————————
所在地:富山県魚津市
所属路線
富山地方鉄道本線