愛本駅

富山地方鉄道本線の駅、愛本の改札画像です。

駅名標。2019年春に駅番号が導入され、駅番号のステッカーが貼られている。
駅番号導入前の駅名標
駅舎。歴史と趣が感じられる木造駅舎となっている。
改札口跡。現在は無人駅となっており改札口は存在しない。
改札口付近には「定期券拝見」と書かれた木製の看板が残る。無論、現在は無人駅であるため定期券は改札口ではなく車内で見せることとなる。
駅舎内部。駅舎内は比較的広く、待合室として使用されている。
駅舎内部。歴史が感じられる木製ベンチが設置されている。
待合室内部
待合室内には昔の広告看板が残っておりレトロ感を演出している。
待合室内に残る伝言板は漢字が「傳言板」となっており非常にエモい
また、ホーロー製の縦型駅名標が比較的良好な状態で残っている
ホームは単式1面1線の棒線駅で行き違い不可。対面にはホーム跡と思われる構造物も残っており、かつては相対式ホームであったことが伺える

—————————————
所在地:富山県黒部市
所属路線
富山地方鉄道本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください