直江津駅

新潟県鉄道発祥の地、直江津の改札画像です。

駅名標、当駅は日本海ひすいラインと妙高はねうまラインの2路線と信越本線、ほくほく線直通列車が乗り入れる。 なお駅名標はえちごトキめき鉄道の様式のみ設置されている。
直江津 駅名表
JR時代の駅名標、谷浜方は北陸本線、春日山方は信越本線であった。
「越乃 Shu*Kura」駅名標
北口駅舎 JRマークが3セク化によってなくなった。なお駅舎は客船「飛鳥」をモデルとしてデザインされており、港のある直江津らしい駅舎となっている。

直江津駅舎
JR時代の北口駅舎
南口駅舎

改札口。当駅は新潟近郊区間の最西端の駅であり、Suica等の交通系ICカードが新潟方面のみ使用が可能である。
改札口周辺。
直江津 改札
JR時代の改札口。
ホーム、3面6線を有する新潟県上越地区最大のターミナルである。 ホーム上屋は木製であり、雪国新潟を演出する大変趣のあるホームとなっている。
1番ホームは、旧北陸本線の折り返しホームであったため、日本海ヒスイライン専用の折り返しホームとなっている。
ホームには旧北陸本線、旧信越本線(山信越)当時の遺構が現在も残る。
ホーム新潟寄りから、ETRの直江津運転センターの車庫や車両が見える。
駅自由通路、上越市管理の「市道直江津駅線」に指定されている。 通称「あすか通り」と名付けられている。
自由通路内には、直江津まちなか水族館がある。 これは「上越市立水族博物館 うみものがたり」の開業にあたり、「水族館のまち 直江津」をPRするためである。
駅南口にはD51の車輪が展示されている。
ここ直江津は佐渡島への玄関口の1つであり、直江津港から佐渡島へと渡ることが出来る。

————————————————–
所在地:新潟県上越市
乗入路線
■ 妙高はねうまライン
■ 日本海ひすいライン
信越本線
(ほくほく線) 

北新井駅

妙高はねうまラインの駅、北新井の改札画像です。

貼り付け駅名標、4ヶ国語表記の駅名標になっている。
自立式駅名標
JR時代の駅名標。2015年春の北陸新幹線金沢開業前までは、当駅はJR東日本信越本線の駅であった。
JR時代末期には、えちごトキめき鉄道の駅名標がフライングで設置されていた。えちごトキめき鉄道のロゴおよび路線名は目隠しされていた。
駅舎、鉄筋コンクリート製の地平駅となっている。
JR時代の駅舎、表記類以外は現在と違いはない。
当駅は無人駅の為改札口は存在しない。駅舎内部には自動券売機が1台置かれ、内部は待合室になっている。
駅舎内部、駅に置かれているものも最低限の設備になっている。
ホーム側には集札箱が置かれている。
JR時代の駅舎内部、自動券売機はホームの扉の真横に設置されていた。
ホームは単式1面1線の棒線駅で、列車の行き違いは不可。駅周辺は商業施設や住宅街があり、幹線道路からも近い立地になっている。
JR時代のホームの様子、表記類以外は変化は無い。

—————————————
所在地:新潟県妙高市
所属路線
■ 妙高はねうまライン

二本木駅

珍しいスイッチバック式の駅、二本木の改札画像です。

【JR時代】
※2015年2月取材

○駅名標
二本木駅名jr

○トキ鉄仕様駅名標
二本木トキ鉄駅名1

二本木トキ鉄駅名

○駅舎
二本木駅舎

○改札口・駅舎内部
二本木改札

○ホーム
二本木ホーム

○線路終端部
二本木線路終端

○直江津・長野方面の線路
二本木長野方面

—————————————
所在地:新潟県上越市
所属路線
■ 妙高はねうまライン

関山駅

えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの駅、関山の改札画像です。

駅名標、当駅は旧妙高村の代表駅となっていた。
関山駅名
JR時代の駅名標、1985年までは当駅はスイッチバック駅となっていた。
駅舎、洋風の駅舎となっている。当駅付近は全国有数の豪雪地帯として知られ、国鉄時代には駅前で積雪210センチという記録をたたき出している。
関山駅舎
JR時代の駅舎、現在と大きな変化は無い。
駅舎の第1種駅名標は、石碑タイプになっている。
駅入口部分にはローマ字表記の扇形の第1種駅名標も存在する。
改札口、当駅は有人駅の為、駅員による改札が行われている。また有人窓口があり、自動券売機も1台設置されている。
改札口内側、集札箱が置かれている。
関山改札
JR時代の改札口周辺、かつてはみどりの窓口設置駅となっていた。
駅舎内部は待合室になっている。また駅舎サロンと名づけられたスペースも存在する。
関山駅舎内部
JR時代の駅舎内部、駅舎サロンの部分は待合室になっていた。
駅舎内部には「手洗所」の手書き看板が存在する。
駅舎からホームへは跨線橋を渡りアクセスする。
跨線橋内部には待合スペースが設けられている。
関山跨線橋
JR時代の跨線橋内部、ベンチは3つ置かれていた。
跨線橋には手書きの番線標が取り付けられている。
また跨線橋の屋根の部分は木造になっている。
ホームから見た駅舎、ホームより駅舎は高い場所にあることが分かる。
ホームは島式1面2線のホームで行き違いが可能。
ホーム上には方面看板が取り付けられている。写真は跨線橋側より撮影。
ホーム側の方面看板、表と裏で方面の位置が逆になっている。
当駅付近の線路は枕木を含めて鉄板で覆われている特徴がある。正確にはわからないが雪対策でないかと思われる。
関山ホーム
JR時代のホーム、大きな違いは無い。

—————————————
所在地:新潟県妙高市
所属路線
■ 妙高はねうまライン