関山駅

えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの駅、関山の改札画像です。

駅名標、当駅は旧妙高村の代表駅となっていた。
関山駅名
JR時代の駅名標、1985年までは当駅はスイッチバック駅となっていた。
駅舎、洋風の駅舎となっている。当駅付近は全国有数の豪雪地帯として知られ、国鉄時代には駅前で積雪210センチという記録をたたき出している。
関山駅舎
JR時代の駅舎、現在と大きな変化は無い。
駅舎の第1種駅名標は、石碑タイプになっている。
駅入口部分にはローマ字表記の扇形の第1種駅名標も存在する。
改札口、当駅は有人駅の為、駅員による改札が行われている。また有人窓口があり、自動券売機も1台設置されている。
改札口内側、集札箱が置かれている。
関山改札
JR時代の改札口周辺、かつてはみどりの窓口設置駅となっていた。
駅舎内部は待合室になっている。また駅舎サロンと名づけられたスペースも存在する。
関山駅舎内部
JR時代の駅舎内部、駅舎サロンの部分は待合室になっていた。
駅舎内部には「手洗所」の手書き看板が存在する。
駅舎からホームへは跨線橋を渡りアクセスする。
跨線橋内部には待合スペースが設けられている。
関山跨線橋
JR時代の跨線橋内部、ベンチは3つ置かれていた。
跨線橋には手書きの番線標が取り付けられている。
また跨線橋の屋根の部分は木造になっている。
ホームから見た駅舎、ホームより駅舎は高い場所にあることが分かる。
ホームは島式1面2線のホームで行き違いが可能。
ホーム上には方面看板が取り付けられている。写真は跨線橋側より撮影。
ホーム側の方面看板、表と裏で方面の位置が逆になっている。
当駅付近の線路は枕木を含めて鉄板で覆われている特徴がある。正確にはわからないが雪対策でないかと思われる。
関山ホーム
JR時代のホーム、大きな違いは無い。

—————————————
所在地:新潟県妙高市
所属路線
■ 妙高はねうまライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください