本庄早稲田駅

「早稲田大学本庄キャンパス」下車駅、本庄早稲田の改札画像です。

駅名標。当駅は2004年に開設された上越新幹線で最も新しい駅。当駅の駅名「本庄早稲田」は公募で1位となったもの。駅名の通り、当駅周辺には早稲田大学の本庄キャンパスがある。
北口駅舎
北口駅舎
南口駅舎。早稲田大学本庄キャンパスは南口駅前からすぐである。
改札口
乗車券売り場。みどりの窓口と指定席券売機が設置されている
改札前のスペース
駅舎内部の様子。Newdays以外の店舗はほとんど見られない
改札内コンコース
ホームは相対式2面2線で、中央に通過線がある。当駅は後付けで設置されたため、駅のなかった時代に設置された防音壁がそのまま残されている。
当駅を通過する新幹線。当駅の利用者数は東京方面への通勤・通学需要が主であるため、停車する新幹線は比較的短距離を走る「あさま号」や「たにがわ号」および一部の 「とき号」に限られる。
1番線に設置された行き先表示。富山・金沢方面の記載があるが、先述の通り当駅に停車する新幹線は「あさま号」「たにがわ号」「とき号」のみであり、「はくたか号」「かがやき号」は全列車通過である。そのため富山・金沢へは高崎や長野等途中駅での乗り換えが必要となる。

—————————————————
所在地:埼玉県本庄市
乗入路線
 上越新幹線
 北陸新幹線)

浦佐駅

上越新幹線の駅、浦佐の改札画像です。

新幹線駅名標。魚沼地区の拠点である小出と六日町の中間に当駅は位置する。新幹線開業前の当駅は特急・急行がごく一部停車するのみの小駅であったため、小出や六日町ではなく当駅が新幹線駅となったことに建設当時は物議を醸したという。現在は駅周辺に学校等ができ、小出・六日町と並ぶ魚沼の拠点の1つとなっている。
在来線駅名標
西口駅舎。新幹線口側であり、近年駅舎の外観がリニューアルされた。
以前の西口駅舎(2011年頃取材)。典型的な国鉄時代の新幹線駅のような外観だった。
東口駅舎。東口側は新幹線駅舎から跨線橋(自由通路)が伸びるような形である。
上越新幹線建設の立役者、故・田中角栄元総理の銅像が当駅東口駅前に建立されている。なお、角栄氏自身はここ浦佐ではなく柏崎の近くにある西山町の出身である。ここ魚沼は日本有数の豪雪地帯であり、冬季は1メートル以上積雪する。「雪を被って可哀想だ」との長女・眞紀子氏の要望から、銅像には屋根が設けられた。
改札口。新幹線改札口と在来線改札口が並んで設けられている。左の自動改札機2通路が新幹線改札口、右側の通路が在来線改札口である。なお、当駅の利用者数は上越新幹線全駅の中で上毛高原駅に次いで少ない。
駅舎内部。自動券売機・切符売り場と改札口周辺の様子。
駅舎内には広々とした開放的な空間となっている。
在来線ホームは2面4線となっているが、真ん中の2線は臨時ホームとなっている。
1番線・2番線ホームは上越新幹線の高架下にホームがある構造となっている。
新幹線ホームは相対式2面2線で中央に通過線が2線ある構造となっている。上越新幹線は通過線があまり活用されない駅が多いが、当駅では比較的活用されている。

—————————————————
所在地:新潟県南魚沼市
乗入路線
上越新幹線
上越線

越後湯沢駅

ウインタースポーツのメッカ、越後湯沢の改札画像です。

上越新幹線駅名標。当駅からガーラ湯沢駅に向かう支線が分岐するが、冬季のみの営業。スキー場が営業しない夏季は、折り返し列車の留置線として使用されている。
上越線駅名標。上越線の列車は当駅もしくは2駅南の越後中里止まりの列車が多い。新潟県と群馬県の県境を越える越後中里ー水上間の本数は1日5往復と非常に少ない。
以前の駅名標は4ヶ国語表記に非対応のものであった。
ホームには国鉄型駅名標がある。
越後湯沢東口
東口駅舎。橋上駅舎である。当駅は丘陵地の斜面にあり、東口側と西口側で標高が異なる。当駅が立地する湯沢町にはフジロック開催地として知られる苗場スキー場をはじめ、 かぐら・岩原・上国などスキー場が多数存在するウインタースポーツのメッカである。
越後湯沢西口
新幹線側の西口駅舎は高架駅である。 駅前には越後湯沢温泉の温泉街が広がっている。当駅はスキー場の玄関口として機能しており、冬季はスキー客が多数当駅を利用する。
改札口。在来線改札・新幹線改札・新幹線乗り換え改札機が隣接している。
新幹線改札。当駅周辺にはスキー場が多数存在するほか温泉やゴルフ場もあり、年間を通して一定の利用客がいる。そのため新幹線改札の通路数は比較的多い。
写真左側の通路が在来線改札。新幹線改札と隣接していることがわかる。また自動改札は導入されておらず、Suica等のICカードは利用できない。
在来線改札内から新幹線乗り換え改札と在来線改札を望む。精算を行う際は床が青色になっている部分に並ぶ必要がある。
新幹線乗換改札。北陸新幹線開業前、首都圏と北陸を移動する旅客は当駅でほくほく線経由の特急はくたかと上越新幹線を乗り継いでいたが、北陸新幹線開業後、特急はくたかは廃止となり当駅の乗換駅としての役目は終了した。北陸新幹線開業前と比べ当駅の新幹線乗換口の改札機の台数は大幅に縮小されている。
在来線ホーム、かつては当駅と北陸方面を結ぶ特急「はくたか」が発着していた。現在は当駅を発着する特急列車は定期列車では存在しない。
4番線ホームは現在使用されていない。
そのため駅構内から4番線ホームへの通路は封鎖されている。
当駅には0番ホームが存在し、ほくほく線のホームとなっている。
ほくほく線用の0番ホームは他のホームと比べて短くなっている
0番ホームからはほくほく線直通の普通列車のみが発着する。
新幹線ホームには、当駅が標高365Mにあることが記載されており、当駅の標高の高さが伺える。
越後湯沢がんぎ
がんぎどおり・ぽんしゅ館。新幹線駅舎の改札外コンコースにあるおみやげ物店。越後・魚沼の名物料理が味わえる飲食店も軒を連ねる。
越後湯沢ぽんしゅ
新潟の銘酒が数多く揃うぽんしゅ館。 ワンコインで日本酒の飲み比べができるコーナーや、 日本酒を使用した酒風呂に入れる「酒風呂 湯の沢」がある。

—————————————
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町
乗入路線
上越新幹線
上越線
(ほくほく線) 

ガーラ湯沢駅

東京から75分で行けるスキー場、ガーラ湯沢の改札画像です。

駅名標。駅名の通り、ガーラ湯沢スキー場(JR東日本グループ)の最寄駅である。当駅は越後湯沢と当駅を結ぶ上越線ガーラ湯沢支線の終着駅となっている。上越新幹線直通で新幹線車両での運行だが、正式には在来線である上越線の支線である。在来線扱いだが新幹線用の車両で運行される路線としては他に博多南線が挙げられる。
駅舎。駅舎はガーラ湯沢スキー場のスキーセンターも兼ねた建物となっている。スキー場の最寄駅であるという性格上、当駅は冬季のみ営業の臨時駅である。 ガーラ湯沢までは新幹線利用のほか、越後湯沢駅から無料シャトルバスでの来訪も可能。
改札口。列車発車の15分前まで改札内への入場は不可能となる。
改札口を内側から撮影
改札前の待合スペース
改札口向かいにはガーラ湯沢スキー場のカウンターがある。新幹線を降りてすぐ、リフト券の購入やスキー・スノボレンタルが可能である。この手軽さが首都圏在住者や外国人観光客に人気となっている。
当駅の利用者は大部分がガーラ湯沢スキー場の利用者である。ごく稀に、当サイト取材班のような駅巡り・乗り鉄目的の鉄オタがいる程度である。
ホームは島式1面2線。スキー場来場者を輸送する性格上、列車ダイヤに偏りがある。午前中は東京から来る列車、午後は東京へ向かう列車が多く、それぞれ逆は少ない。スキー場の営業時間に合わせて運転するため終電は17〜18時代であり、かなり早い。
当駅ホームから越後湯沢方向を望む。越後湯沢駅までは1.8kmとかなり近い。越後湯沢ー当駅間は乗車券140円+特急券100円の計240円で新幹線に乗ることができる。このため、「日本一安く乗れる新幹線」としてテレビ等で紹介されることがある。なお画像右手、緑のライン入りのスノーシェッドの中を上越新幹線の本線が通っている。
線路は当駅で終点となっており、新幹線の線路の終点を見れる全国でも数少ない場所の1つである。なお当駅はスキー場開設にあたり上越新幹線の引込線に駅を設けて旅客線化したもの。現在も、スキー場が営業しない夏季を中心に本来の用途である引込線として使用される。

—————————————
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町
乗入路線
上越新幹線