森林公園駅

函館本線の駅、森林公園の改札画像です。

駅名標。当駅は札幌市最東端の駅であり、隣の大麻駅は江別市となる。「札幌市内」発着の乗車券で乗降できるのは当駅までである。駅名は当駅が最寄りの野幌森林公園に由来する。
当駅には縦型のホーロー駅名標が設置されていて。札幌市内の駅であるため、ホーロー駅名標にも[札]の表示がなされている。
当駅に設置されている名所案内。駅名の由来となった野幌森林公園が記載されており、開拓の村および100年記念塔のイラストが入っている。
駅舎。レンガを使用した白を基調としたデザインは豊かな北海道の自然・大樹をモチーフとしたもので、時計塔の部分は北海道100年記念塔をイメージしたデザインとなっている。
改札口。Kitaca等の交通系IC対応の自動改札機が3通路設置されている。
当駅にはみどりの窓口および自動券売機が2台設置されている。
駅入口付近には国鉄時代に設置されたと思われる看板が残っていた。
駅舎内には野幌森林公園等への案内看板が設置されており…
この中にはバス乗り場を示す手書き看板もしれっと混じっている。
ホームは相対式2面2線となっている。

—————————————
所在地:札幌市厚別区
乗入路線
函館本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください