大越駅

磐越東線の駅、大越の改札画像です。 

駅名標。AKB48のシングル「大声ダイヤモンド」とは一切関係がない。
駅舎。国鉄時代からのものと思われる鉄筋コンクリート造りの駅舎である。
駅舎入口付近には国鉄時代の駅名標を再利用していそうな駅名標が設置されている。
また、駅舎屋根部分には手書きと思われる看板が設置されており、エモい。
当駅は無人駅となっており、改札口は存在しない。駅舎内には時刻表や運行情報を表示するモニターが設置されている。
ホーム側にはかつての改札ラッチ跡が残る。改札ラッチ後には駅員さんの代わりに集札箱が立っており、切符を集札する役割を担っている。
かつて窓口があったと思われる箇所は封鎖され、掲示板となっている。当駅には自動券売機はなく、乗車駅証明書発行機が設置されている。
駅舎内部は広々とした待合スペースとなっている。
駅舎からホームへは構内踏切を渡る必要がある
構内踏切の警報機には「カンカンが鳴ったら必ず止ってお待ちください」と書かれた手書き看板がある。相当古いものと思われ、文字はかなり薄くなってしまっている。
ホーム入口はスロープ状になっている。
ホームは島式1面2線で列車交換が可能である。
ホーム上の待合室は木造のレトロな造りとなっており…
木製・手書きの「出口」看板が設置されており、非常に趣深い。
看板はもちろん、待合室自体も木造のレトロ感感じる造りとなっており、これらを見るために一度当駅を訪れる価値があると言える代物となっている。
また、かなり朽ちてはいるものの、ホーム上の花壇に打ち込まれている緯度経度を表示する標も当駅の長い歴史を物語っている。

—————————————
所在地:福島県田村市
乗入路線
 磐越東線 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください