能登部駅

七尾線の駅、能登部の改札画像です。

電照式駅名標、当駅は中能登町の中心駅の一つで旧鹿西町の中心駅であった。
自立式駅名標
駅舎。ギャラリーが併設されている。
改札口、当駅は高校が近くにある為IC専用簡易改札機設置駅となっている。
かつては有人窓口があり、有人駅だったが現在は廃止されて無人駅となっている。
ICOCA導入前の改札口、有人窓口があり乗車券の購入が可能だった。
駅舎内部は待合室になっており、自動券売機が設置されている。
駅舎に併設されたギャラリーの内部。地元住民の作品等が展示されている。
七尾線は勝手口のある駅が非常に多く、当駅も駅裏に勝手口が設けられている。
裏口にもIC専用簡易自動改札機が設置されている。
ICOCA導入前のホーム側から見た勝手口。
ホームは相対式2面2線となっており、行き違いが可能となっている。
金沢方面ホームには木製の待合室がホーム上にある。
待合室内部、木製のベンチが設置されている。
金沢方面ホームの上屋は木造になっている。
当駅のホーム間は跨線橋を利用する。跨線橋の内部には・・・
「ここでは左側通行」と書かれた金属製の看板が設置されている。

—————————————
所在地:石川県鹿島郡中能登町
乗入路線
七尾線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください