西阿知駅

山陽本線の駅、西阿知の改札画像です。

駅名標。岡山地区への路線記号導入に伴いラインカラー入りのものに更新された。
ラインカラー導入前の駅名標。JR西日本の標準タイプであった。
駅舎。開業当時からのものと思われる木造駅舎が使用されている。
2016年5月頃に撮影した駅舎の様子。軒下にみどりの窓口看板が残っていることがわかる。
駅舎に設置された1種駅名標は国鉄時代より残るものと思われる。
改札口。当駅は無人駅となっており、自動改札機が2通路設置されている。
有人駅時代の改札口の様子
かつてはみどりの窓口が営業していたが、窓口閉鎖・無人化に伴いみどりの券売機プラスが設置された。
駅舎内部は待合室となっている
駅舎付近には白ポストが設置されている
駅舎からホームへは地下通路で連絡する
駅舎と線路の間には花壇等が設けられたスペースが空いている。
ホーム側から見た駅舎の様子。地下通路の上屋部分にも駅名標が取り付けられていることがわかる。
ホームは島式1面2線となっている
ホーム側の地下通路出入口の様子
地下通路出入口付近には手書き看板が設置されている
当駅のホーム上屋は木造の趣ある造りとなっており、ホーム上にも待合スペースが設けられている
ホーム上の待合室には手書き看板が設置されている
このほか、エレベーターと地下通路の間付近には「指さし確認」の手書き看板が残っている。
ホーム側から見た「指さし確認」看板の様子

—————————————
所在地:岡山県倉敷市
乗入路線
 山陽本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください