新見駅

伯備・姫新・芸備線の交わる中国山地の交通拠点、新見の改札画像です。

伯備線の駅名標、ラインカラーに対応している。また当駅には伯備線・姫新線・芸備線の3路線が乗り入れる。
姫新線・芸備線の駅名標。岩山駅が姫新線の駅、布原駅が芸備線の駅である。布原駅は正確には伯備線の駅であるが、伯備線は全列車が通過し、芸備線の列車のみ停車する。なお姫新線は当駅が終点、芸備線は当駅が起点となっている。
自立式駅名標、雨垂れで錆びている。
当駅のホームには岡山・米子方面ののりかえ看板が吊り下げられている。
駅舎、赤い屋根が特徴的な趣ある木造地平駅舎となっている。
当駅の第1種駅名標は国鉄時代から残るものと思われる。
改札口。当駅ではICOCA等のICカードが利用できる。また当駅から伯耆大山駅間では生山駅、根雨駅のみが飛び地で利用可能となっている。
改札口周辺、みどりの窓口があるほか自動券売機は2台設置されている。
2017年10月頃の改札口周辺の様子、ベンチが木製だったり看板類が違ったりしている。
駅舎内部は待合スペースになっている。
当駅の時刻表。姫新線・芸備線の本数がかなり少ないことがわかる。また伯備線も、当駅以北、米子方面へ向かう普通列車の本数は少なくなっている。
ホームは2面4線で伯備線が1面2線、姫新線・芸備線が1面2線を使用している。すべての路線において当駅始発・終着の列車が存在する。
1・2番のりばの上屋は古レールを使用したものとなっている。

—————————————
所在地:岡山県新見市
乗入路線
 伯備線
芸備線
姫新線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください