松江駅

山陰地方最大の都市、松江の改札画像です。

松江駅名
駅名標、山陰地区への路線記号導入に伴い、駅名標がラインカラー対応となった。山陰本線(安来〜益田)は「日本海や宍道湖の夕日の色」となっている。
ラインカラー導入前の駅名標。JR西日本標準の青い駅名標となっている。
松江駅舎
駅舎、高架駅となっている。
改札口、2016年末の山陰地区へのICOCA導入に伴い、扉付きの自動改札機が導入された。なお、山陰地区での自動改札機導入駅は、当駅、米子、出雲市のみである。
内側から見た改札口の様子。
自動改札導入前の改札口。有人改札で駅員による有人改札が行われていた。
改札口には精算所があり、精算所利用者用の有人出口が存在する。
ホームは高架ホームの2面4線の構造で、特急を含めた全ての列車が停車する山陰を代表するターミナル駅となっている。
ホームには手書きと思われる乗車口看板が掲げられている。
—————————————
所在地:鳥取県松江市
乗入路線
山陰本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください