勝間田駅

姫新線の駅、勝間田の改札画像です。

駅名標、当駅は勝央町の中心駅として機能している。
縦型駅名標、近年撤去が進み、手抜きステッカー仕様で代替されつつあるJR西の縦型駅名標であるが、当駅では看板仕様のものが残存している。
駅舎。緑の瓦屋根が特徴的な、歴史を感じさせる雰囲気の木造駅舎である。
駅舎正面から撮影、大変趣のある良い駅舎であるが残念ながら改築が決定している。
駅舎に掲げられた、「勝間田駅」の第一種駅名標。手書き看板となっている。
ホーム側から撮影した駅舎。
改札口。駅舎には旅行代理店が入居しており、乗車券の購入が可能。
改札口周辺、当駅は「勝」の文字が入る為大変縁起がいいとされ、戦時中は験を担ぎ当駅から出兵した人も多かったという。
窓口周辺、自動券売機等は設置されていない。
駅舎内部は待合スペースとなっている。
ホームは相対式2面2線となっており行き違いが可能。
ホーム反対より撮影。
駅舎と反対のホームには待合スペースが設けられている。
ホームの姫路寄りには構内踏切があり反対ホームにアクセスする。
当駅には、かつて通票閉塞を行っていた際の名残である通票種別表示が現在も良好な状態のまま残っている。当駅ー東津山間は○の通票を使用していたようである。
当駅ー林野間は△の通票を使用していたようである。
姫路方面1番のりばには消えた方面表示が残る。
同じ書体で柱に書かれた1番の文字はかろうじて残っていた。
津山方面の2番のりばには、津山方面と書かれた木製の手書き看板と2番と柱に書かれた手書き文字がある。

—————————————
所在地:岡山県勝田郡勝央町
乗入路線
姫新線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください