香住駅

山陰本線の駅、香住の改札画像です。

駅名標。松葉ガニの産地として知られる香美町の中心駅で特急「はまかぜ」も停車する。
駅名標。ラインカラーに対応しており、山陰本線(城崎温泉〜米子)は「鳥取二十世紀梨の色」となっている。
当駅周辺の名所案内が掲示されている。
駅舎。横長の地平駅舎となっているが、駅前に屋根がかけられており駅舎本体は見難くなっている。
当駅の1種駅名標は国鉄時代より残るものと推測されるが、駅前にある屋根の柱が邪魔で撮影し難い。
改札口。有人駅となっており、駅員により集改札が行われる。改札ラッチも残る。
切符売り場の様子。みどりの窓口が設置されているほか、自動券売機が1台設置されている。
駅舎内部には待合室が設けられている。
待合室内部は比較的広々としている。
ホームは単式・島式2面3線の構造で行き違い・折り返しが可能である。
ホームにある設置されている上屋は歴史が感じられる。
ホーム上にも待合室が存在する。
当駅には「担架」と書かれた手書きの看板があり歴史を感じられる。
ホーム上には蟹のはさみのモニュメントがあり、「きちゃったネ…香美町」と記載されている。
改札裏にも大きな蟹のモニュメントがあり、かに道楽感がある。

—————————————
所在地:兵庫県美方郡香美町
乗入路線
■ 山陰本線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください