海南駅

紀勢本線の駅、海南の改札画像です。

自立式駅名標、ラインカラーに対応している。
電照式駅名標、ラインカラーには対応しておらず従来のJR西日本標準の青色になっている。
駅舎、高架駅となっている。
海南
駅舎近景、駅入口部分には虹の模様がある。
改札口、自動改札機が3通路設置されている。なお当駅は紀勢本線のICOCAエリアでは最南端の自動改札設置駅となっている。
海南
かつての改札口の様子、改札隣には売店やみどりの窓口設置駅であったが現在は廃止されている。
改札口周辺、かつての窓口跡が残る。その横にはみどりの券売機プラスを含む自動券売機が設置されている。
駅舎内部、改札前は自由通路になっている。またかつて改札横にあった売店は通路内にある。
ホームは島式ホーム2面4線で折り返しや通過待ちが可能な構造になっている。
ホーム貼られた特急「くろしお」の自由席乗車位置案内。特急「くろしお」は速達型を含め当駅には全列車が停車する。
駅コンコースには「海南」と書かれたイラストが展示されている。
同タイプのイラストは小さなものを含め3枚掲出されている。
海南
当駅かつてICOCAエリアがの最南端駅であった。これは2015年にあったわかやま国体にあわせて宮前~海南間でICOCAエリアが拡大されたからである。写真はエリア拡大直後にコンコースの看板を撮影したもの。

—————————————
所在地:和歌山県海南市
乗入路線
紀勢本線(きのくに線)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください