治良門橋駅

東武桐生線の駅、治良門橋の改札画像です。

駅名標。治良門橋と書いてじろえんばしと読む難読駅名である。
自立式駅名標
ホーム壁には細長いタイプの駅名標も設置されている
駅舎。茶色いトタン屋根が特徴的な、開業当時からのものと思われる趣ある木造駅舎となっている。
改札口。有人駅であり、IC専用簡易改札機が設置されている。
きっぷ売り場の様子。自動券売機が設置されているほか、窓口も設けられている。
駅舎内部の待合スペースの様子
改札口から赤城方面ホームへはダイレクトに行くことができるが、太田方面ホームへは跨線橋を渡る必要がある。
ホームは相対式2面2線で列車の行き違いが可能となっている。
当駅には東武線でも数少ないホーロー製の縦型駅名標が残っている。画像は1番線(赤城方面ホーム)に設置されているものである。
2番線(太田方面ホーム)に設置されているホーロー駅名標は1番線設置のものと比較すると状態が悪い
ホームの下には線路内立入禁止の看板が複数貼られている。
また、下り線(赤城方面)の赤城寄りには丸文字タイプの構内勾配転動防止の看板がある。
駅舎窓口にある「精算所」の看板も古くから残るものと推測される。このように、当駅には木造駅舎が残るのみならず、貴重なもじ鉄案件も複数見られ、一見の価値がある。
駅舎わきのゴミ置場には、火気厳禁の看板がある。
当駅周辺には猫に餌付けをする老婆がいるためか、猫の姿も多数見られ、「猫の多い駅」という印象も残った。

————————————————–
所在地:群馬県太田市
乗入路線
東武桐生線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください