稲田堤駅

南武線の駅、稲田堤の改札画像です。

駅名標。当駅は南武線における神奈川県最北の駅であり、隣の矢野口駅は東京都となる。南武線の当駅ー川崎間は矢向駅を除き全て川崎市にあり、20km以上に渡り川崎市を走る。
駅舎。小ぢんまりとした地平駅舎となっている。当駅は京王相模原線との乗換駅であるが、京王稲田堤駅までは徒歩5分ほど離れている。
駅舎。小ぢんまりとした地平駅舎となっている。当駅は京王相模原線との乗換駅であるが、京王稲田堤駅までは徒歩5分ほど離れている。
改札口。京王相模原線との乗換駅であるが、改札機の台数はそれほど多くない。
ホームは相対式2面2線となっている。
川崎方面ホーム上には木製の歴史あるベンチが残っていた。
取材時、川崎方面ホームの立川寄りには木製の手書き看板が残っていたが、駅舎橋上化工事に伴う仮駅舎切替により撤去されてしまった。

—————————————————
所在地:川崎市多摩区
乗入路線
■ 南武線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください